難しいものを、より難しくしてしまうのは・・・

教えててよく感じる、世間一般的な価値観とのギャップ。。。。

一般的に言われる「姿勢の良さ」とは
背筋だけじゃなく、立ち居振る舞いまで含めたもの、なんだろうけど
結構実は曖昧で、雰囲気やイメージで言われることも多かったりします。
バレエやダンスで言う「上半身の美しさ」は
腕、指先、頭部、首筋、背中~腰部を含め
それらの動きが繋がり、滑らかに見えること。

スポーツもそうですが、動きが繋がってるから、美しく見える。
これはプロとかアマとか趣味とか、全く関係なく。

 

ウチのスタジオには、現在、全く初心者の方が居られませぬ^^;
昔は居たんだけど・・
残ってる方が成長されたのもあるけれど、
全く初めての方には、ウチがとても難しいことを教えてるように、
感じてるのかもしれませんね。(うーん。。。)
もしくは堅苦しそう、とか。

 

そりゃー、難しい~。何でも難しいんです。
けれど難しいものを、より難しくややこしくしてしまうのも
難しいけど楽しいと感じるのも
写真の印象から見えるものも
全て受け手側の、考え方次第だと思う。

 

バレエクラスは、スタジオの空間を使って
伸びやかに、身体を伸ばすことが可能です。
まずそれを体感しに来てほしいなと、いつも思ってます。

ただ、「バレエはベストな状態じゃないとできない。」と
考えを決めてしまっていると、中々自分の良い状態を作りだすのは難しい。
体調だけでなく、スケジュールも含めて。

好きなことなのに、憧れなのに
ベストじゃないと出来ないなんて
ちょっと矛盾してませんか?
どんな時でも、その時その時の、一番良い状態を
自分から捻り出してみましょ。

ベストを尽くすと言うと、体力の限り動く、と言うように
受け取られてるかもしれませんが、案外そういうものでもない。

穏やかな心、そして身体のあちこちが緩やかで
「気」が通ってるような、ゆったりした状態。

身体は関節を動かすと、関節から”潤滑液”が出てきます。
そのオイルのような成分を、身体のすみずみまで
流してあげるような、そんなイメージを持ってみると
良いかもしれません^^

14680493_1113326615371978_2973434234322437602_n

ええお写真です^^ ホント。綺麗に撮って頂き、嬉しいです。
撮影 永島明さん。

レッスンで感じたこと
そして私が先日、ある方からアドバイスを頂いたことから
書いてみた記事でした^^

今日は11月11日!ぞろ目の日。
何か良い事があると、良いですね♪

 

 

大人のバレエは、エレガントに美しく

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

★11月は、Kayano Ballet Blog読者様を対象に
「体験レッスン2回キャンペーン」を行います。
体験レッスンお申込み時に
お気に入りの記事の題名を添えてくださいね。

★バレリーナおうちご飯WSは、11/27開催!
鉄分を摂取するおうちご飯をご紹介。
お申込み、お待ちしています。

Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ