学びの連続なのだ、のツレヅレ

いつも頭の片隅に有るようでいて
そして時々フッと、表に出てくること。

自分が過去から今まで、経験してきたことからしか言えませんが

最初から正確にやろうとするのは、とても難しいけど
一旦正確にやることを覚えたら
今度はそうじゃないと落ち着かなかったり
気持ち悪いなー、と思うようになるんじゃないかしら、と。

正確は何で測るかと言うと、実は寸法だったりするのです。
まっすぐに、とか言われたら
ひたすら本当に背骨の真っ直ぐをイメージしたり

手足を長く伸ばして、と言われたら
自分の普段感じてる長さよりも、1㎝でも長く伸ばそうとしたりとか
至るところに寸法の概念を駆使してるのが、バレエテクニック。
特にパの形は、図形だとイメージしやすいです。

img_20161018_122806

感性もさることながら、必然的に細かくなりますよね。

ダンサーさんには大らか~なタイプも、もちろんいますが
大らかすぎると、大抵指導する先生の眉間には、皺が寄ってまする(#^.^#)

あ、でも、以前受けたオープンクラスは
先生自身が大雑把過ぎて、ちょっとビックリしました^^;
へー、こんなにユルくても良いんだー、と思ったけど
多分この先生は、私とはまた違う目線で人を見てるんだなって。

 

 

私の印象は、かなりキチキチっとしたタイプだそうです。
(昔は全然違ったんだけど、自分でそう変えてきたので(*^^)v

バレエに関しては先天的に何かが出来た、と言うタイプでは決してないため
全て後付けです。なので、理論からガッツリ。
それも有って細かいし、こうやったら出来る!と言うことに対してやたら詳しい。

また、数々の舞台に出演したお蔭で
ミストレスやバレエマスターとして優れた方
ダンサーそのものを育てる、知恵と発想力に長けた方
その両方に、巡り合うことができました。

舞台に出ること=毎回発見の連続。
舞台に出ながら、学んでます。

でも今は「一人で全部、こなせなくても良いんだ。」と思えるようになり
ある意味自分の得意な方を、これからは生かそうと思うのだけど

私個人としては、楽しいと感じたことをそのまま昇華できるように
楽しいからこそ、色々な知識を吸って上がってもらえるように
誘導して行きたいのですよね。

そのためには、まだまだ精進・・・必要です^^

89d7aab642fd8549ca57925f9b18a6df

 

先生と生徒は似る、と言いますが
時には真逆のタイプも、もちろんいらっしゃるわけでして。

それを受け入れよう、と思うようになってから
相手に過度に要求しなくなりました。
昔に比べて、随分と気持ちにも変化が生れましたね^^

 

大人のバレエは、エレガントに美しく

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

★11月は、Kayano Ballet Blog読者様を対象に
「体験レッスン2回キャンペーン」を行います。
体験レッスンお申込み時に
お気に入りの記事の題名を添えてくださいね。
Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中