スタジオの、空間の使いかた

またまた台風が近づいてる様子・・
本当に雨が多い9月でしたね。

今日は空間についてのツレヅレ。

レッスン中「空間、もうちょっと使おうね」と言うと、
時折「よくわからない・・」と言う顔をされることがありますが

空間が使える、と言うのは
多分”感度の良い”証拠なのだと思います。
特に三半規管はじめ、自分のテリトリーを感じ取る
動物的な勘の部分。(だと思ってる)

私達は三次元の世界に生きています。
なので絶対に空間を、本来なら感じてるはずなのだけど。

空間を感じる感覚が退化してるのは、何やろ?
スマホ?
便利になったから??
人が多いから?(都市部に限るけど・・)

私は滅多に人にぶつからないけど
歩いてる人が、ふつーにぶつかってくることが多いので
本当に「??」と思います。

バレエとかダンス練習したら、治るかもね!

SAMSUNG

こちらは、相模湖にあるアトリエヨシノさんのスタジオ。
80坪あります。
ホント広いわ~~♡
全幕ものでも、十分練習できます。

DSC_0305

こちらは普段土曜日にお借りしてるスタジオ。
ヨシノさんのスタジオの・・・ 何分の1?だろう^^;

++++

先日観に行った、チャコットのスタジオパフォーマンス。
かなりギュッとした空間だったにもかかわらず
ダンサー達が、とても生き生き踊っていたことに
とても感動を覚えました。

なぜなら、普段借りてるスタジオの広さと
ほぼ同じくらいのスペースだったからです。

バレエ=動く=広さ を求めます。
それはある意味仕方ないし、当然の欲求です。
ぶつかったら恐いし、伸び伸び動きたい。

けれど、狭いよ、この身幅しか取れないよ、と
予め決まっていたら、その空間に合わせられるのも
ダンサーの能力や、センスだと思います。
それを見事なまで、構成や演出、演目で見せてくださいました。

新宿村でのレッスンは、余り大きな空間が借りられず
(予算的なこともあり)
それに対して、ちょっと引け目を感じていたけれど
あのパフォーマンスを見て、考えが変わった私。

レッスンに来る人に、身幅の感じ方
スペースの使いかたを、もっと伝えよう。
そう、心に決めました(*^_^*)

 

劇場によく通うと言うのも、空間に慣れるコツ。
舞台も沢山、観てくださいね。

本日もスタジオで、お待ちしています♪

10/8(土)ダンスアートカナガワに出演します。
神奈川県民ホール 16:00開演/15:30開場
チケットのお申込み、受付中!
少しスピリチュアル的な要素も持つ、ちょっと神秘的な作品です。
出演者募集中!!
★12月にクリスマス企画、開催予定です!
詳細は→こちら
大人のバレエは、エレガントに美しく

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」

現役ダンサーの講師が、基礎からテクニカル習得まで
「楽しく、分りやすく」指導します。
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。
10月末まで!リトライ・バレエ キャンペーン行います!

Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中