大人のポワントレッスン、ツレヅレ

しっとりとした雨の朝。
昨日もレッスンにご参加下さり、ありがとうございました!

ウチのスタジオ生の皆さんが、よく仰ってくださること。
「大人だからと言って見捨てないで、とてもしっかり教えてくださるので嬉しい。」

ありがとうございます(*^_^*)
バレエは、若い人達だけのものじゃないですからね。
でもだからこそ、細かいことをよく言います。

よぉく、考えてみましょう。

普段エスカレーターに乗る(もしくはエレベーター)
余り歩かない
座り仕事が多い

そういう”ごく普通”の方が、足をトレーニングしてなきゃ絶対に無理な
”ポワントシューズ”を履く。
そしてそうなれるように指導して、できるようにしてゆくんです。

怪我しないように、日常の生活に差しさわりの無いように
誰が気を配るのか・・・
それはまず教える人です。
相手に怪我をさせない方法を選択し、なおかつチャレンジさせる。
身体に痛い所を作らないように、痛めさせない工夫をする。

私がすごいんじゃなくて、300年続くバレエのメソッドが素晴らしいんだけど
その成り立ちや仕組みを理解していないと、できない。
だからそこは絶対に譲れないのです。
そのゾーンに入っちゃうと、私の「見た目」とのもの凄いギャップがムクムク・・・・
人に因っては「この先生、なんかすごく厳しい・・・」と言われることも。

 

でも、へっちゃらやもん 笑
優しく言ってできるんだったら、誰でも世界のプリマになれます。
でも大抵は優しく言うと、なんとなーくしかやらない。
自分にできるように、しか、やらない。

なんとなーくな、方法ではなく
ポイントを押さえて行くと、なぜできないのか、
そして何ができるようになってゆくかが、とても明確になります。

まずできるはずのことが、どうしてできないのか??
それは”力が足りてない。”

この場合の力は”パワー”と言うよりも
何かを行うために最低必要な燃料の量と、そのエネルギーの勢いと言った方が良いかも。

(イメージしやすいでしょうか~)

SAMSUNG

 

 

img_5310
写真はいずれも、40代後半~50代の方。

 

昨日も時々、厳しいゾーンに入りました^^;
力の出し方が不明確なので、しっかり体に力が通ってない。
早くその塩梅を覚えて繰り返して行けば、自分でどの位の力を使えばいいか
分かるのに、とか、その他沢山 笑

でも「無理だから止めときましょう」とは、絶対に思ってない。
やりたいなら絶対にできるように伝えますから、やってねーー

そういうスタンスです。
これはポワントレッスンに限らず、全てにおいてそう思ってます。

出来ない、と思い込んでた人が、出来るようになると
すごく顔が明るくなるんですね~ (^-^)

Kayano Ballet Studio

 

大人のバレエは、エレガントに美しく”

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」

現役ダンサーの講師が、基礎からテクニカル習得まで
「楽しく、分りやすく」指導します。
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

Kayano Ballet StudioHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。
9/25 おうちご飯WS開催します。
イベントの詳細は→こちら 
皆さまの参加をお待ちしています!(*^_^*)

12月にクリスマス企画、開催予定です!ソロ作品等踊れます。
詳細は→こちら

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

クリックで応援してくださいね♡
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中