少~しずつ元に戻そう(と、思ってる)ツレヅレ

夏に帰省して以来、帰京後も時々フッと出る「関西弁」。

実は私、普段殆ど言葉の訛りが出ないんです^^
去年出た舞台でも
「かや野さん、全く訛りでないねー、本当に関西の人?」
と聞かれたぐらい。

上京した当時は、もちろん関西の言葉を使ってました。
「変えるもんかぁーー」なーんて思ってたけど
やっぱり自然と耳から入ってくる言葉には、脳って反応しちゃうんですね。

そして少しお芝居に挑戦した時、発声方法と一緒に、滑舌、イントネーションを
徹底的に直された。
これが非常に大きかったです。
あれよあれよと言う間に、気づいたら普段話す言葉が標準語になってた。

 

帰省したら地元の言葉で喋り
帰京したら標準語。東京に着いた途端に、頭の中のスィッチが切り替わる。
その繰り返しを30年近く。

もちろん海外で暮らしてる方からすると「そんなん当たり前!」なことですが
言葉を司る脳ってすごいな、と思う次第です。

お嫁入りした土地の言葉に馴染む、と言うのも、たぶん一緒でしょうね。

++++

「私の言う言葉がキツイ。」と言われることが、過去から現在に至るまで、幾度かあり
その度に、なんでかな・・・と思っていたのです。
相手が憎いとか、やりこめてやろう、と言う気持ちが有るなら
キツイと言われても納得行くんだけど、そう言うのは全く無いですしね。

ふっと気づいたのが
もしかすると、脳内では関西弁の感覚でいるのに
口から発するのが標準語だからかなぁ・・・・ とか。

関西弁って、”実はとても優しい言葉”だと思ってます。
曖昧に言いくるめて(それが恐いと言う人も居るけども)、そしてぼかすと言うか・・・

例えば「ええんちゃう?」と言うのは「良い」のか「悪い」のか。
その辺りの曖昧な表現は、それまでの会話の流れから察するしかないけれど

東京の「良いんじゃない。」よりかは、天高く放り投げられてるけど
怪我しないように、ちゃんキャッチしてくれてる、みたいな感じがする。

言葉がキツイ、と言うのは、言い切ってしまうからキツク聞こえるんだろうけど

「ダメでしょう!」と言うのと
「アカンやん!」と言われるのでは
同じ気持ちで言ったとしても、「アカンやん!」の方が、優しく聞こえるのかな・・・

「アカン」は「ダメ」やねんけどな・・・
でも「ダメ」ほど断定も、してないような・・・
説明、しにくい 笑

そんな想いもあり、昨日のレッスンでは
ザクザク関西弁で、注意しまくってました。
皆さん、ちょっと不思議そう~に見てましたが 笑

564101_439649716073008_1295040818_n

心の中の、伝えたいことを言うには
やはり生まれ育った土地の言葉が、一番しっくり来るのかも。

少~しずつ元に戻そうかな(と、思ってる)、自分の言葉。
昔よりかは脳内もゆったりと・・・させて行きたいと思う。

★明日の入門クラスは、バーレッスンでボディメイキングする秘訣を、お伝えします。
バレエ未経験の方も歓迎です(^^)
体験予約は、下のリンク先からどうぞ。

 

12月17日に行うバレエ小作品発表会。出演者を2次募集中です!
ソロの作品や、少人数の作品もトライできます。

年齢やレベルは問いません。 
募集要項をダウンロードできます→バレエ小作品発表会
出演表明して下さった方から、スケジュールを調整し始めてます。
これからでも間に合いますよ!

まずはお気軽にお問い合わせ下さい(*^_^*)
大人のバレエは、エレガントに美しく”

「その人それぞれが、輝いて欲しいから」

現役ダンサーの講師が、基礎からテクニカル習得まで
「楽しく、分りやすく」指導します。
心と体を調和させ、歌うように踊りましょう。

スタジオHPはこちら
体験レッスンのお申込みはこちら。

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。
クリックで応援してください♡
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中