「どうしても苦手」は、良くなります^^

昨日は、普段クラスを受講して下さる方が「どうしても苦手~!」
とされているパや動きを、動画に撮ってみました。

まずはポール・ド・ブラ。
センターで最初におこなうことが多いです。

#Port de bras #slow ballet #arms #kayanoballet

A post shared by Kayano (@kayanonsan) on

クラスの動きかたを見ていて
アームスのドゥミ・ポジションが今一つ分かってないのかな?と思うこと、多いです。
またアン・ナ・ヴァンが通れない人も多い。
肩から腕を動かそうとしてる方も、よく見かけますが
腕は脇から動きだすようなイメージを持つと良いですよ。

★練習してね(#^.^#)

お次は、シャッセ・パドブレ&バランセ

#Balletsteps #Waltssteps #3拍子

A post shared by Kayano (@kayanonsan) on

 

3拍子のワルツで動いてますが
皆さん大抵、2拍子になってるん・・・ですよね^^;

足がスタートした後、体の方が若干遅れて動くのですが
それを一緒にしようとするから、2拍子になっちゃうんです。
足とボディ、そして腕には、それぞれ微妙な時間差があるのと
微妙に左右に捻じって動く上半身の動きが掴めればと、思います。

★練習してね(#^.^#)

ラストは”歩き方”

#ballet #ballet wark #ballet steps

A post shared by Kayano (@kayanonsan) on

 

入門や初心者クラスで、私はよく行っていますが
ホントは踊りの原点とも言える、”歩き方。”

普段歩いてるのに、こうやって全く別物に見えるようになると
全くお手上げになってしまう人が多いです^^;

ポイントは、まずゆったり歩くこと。
レッスンなので、抑え目で良いかな、と思って撮ったものですが
これが舞台だと、本気でゴージャスに優雅に、歩いてるだけで見惚れるものになるわけで
確かに現代の私達とは、かけ離れた動きのように見えますよね。
昔は今みたいに、スピードも早くない。
そういうことも頭に入れておいてもらえたら、と思います。

★練習してね(#^.^#)

image

どんな動きも「これ美しいな~」と、感動するところから「真似したくなる!」はず。

感動は私からだけじゃ、正直全く不十分なので
まずどんどんバレエの舞台を観て、沢山感動して欲しいなと。

クラスでは私の動きを真似ることが目的じゃなくて、自分でその動きが”OK”と思えるまで
工夫してみることや、自分からどんなラインや姿かたちが生れてるか
客観視することで、自分のものになります。

スタジオで考え込んだり、動きを止めてる時間は、正直ありません。

そして全く初めての人が行うのでは無い場合
(少しでもやったことが有るとか、過去に何度か練習したことが有るはずのことは)
全く初めての状態に戻らないで欲しいなと。

上に上げた3つ、正直全然難しい部類じゃないですから
むしろ、安心して臨んでくださいね~。

★練習しましょうね(#^.^#)

拙い動画ですが、参考になれば幸いです。
見て頂き、ありがとうございました。

6月も最終週に入りました。良い1日になりますように。

————————————–★

バレエ小作品発表会のPDFです。
ぜひダウンロードしてご覧ください。出演者募集中です。

★7/5(火曜日)に体験会を行います。

レッスンスケジュールはこちら。
体験レッスンのお申込みは、こちら。
個人レッスンも承っています。こちら。


バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

今日もお読み頂き、ありがとうございます。

ポチッと応援して頂けると、励みになります。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中