【ご感想】ポワントフィッティング後のレッスン

昨日のBlogにも載せた、ポワントフィッティング同行。
そして昨日のレッスン後にも、ポワントフィッティングに行ってきました^^

新しいポワントシューズでレッスンを受けて下さった方からの、ご感想を頂戴しています。

13241170_1005120909543907_6296416962711456810_n

◎——●——–◎——●——–◎——●——–◎

Mさん
「以前のポワントシューズは、スポーツクラブでバレエを習ってる先生にサイズを伝えて買ってきて戴いたものだったので、自分に合うかどうか分からず、こんなものなのかな、、でもとても痛いし、と、ずっと思っていました。

前回受けたポワント講座で、シューズがもう古いと教えて頂いたことで
そんなに履いてなくても足に合ってなかったら、変えるべきなんだと分かりました。

新しいシューズは、痛くないです。
もっと足首をしっかり伸ばして、パ・ド・ブレがちゃんと出来るようになりたいなぁと思います。」

Kさん
「前のシューズは、誰かが持っててくれてる、と思う位しっかりとサポートされたシューズでしたが、先生がいつも仰る『ドゥミポワントを通る。』と言うのがとても難しく、新しいシューズを買ってみました。

国産のシューズと海外のシューズは、こんなにも違いがあるんだと言うことと
2足目を買ってみて気づいたことは、重心の位置への意識がよりハッキリしたことです。

先生は立つために必要な知識も沢山教えて下さるため、安心できるので
正直、余り恐いと思った事は
今の所ありません。」

◎——●——–◎——●——–◎——●——–◎

ミドル世代でポワントにチャレンジする方、今とても増えてきています。
危ない、危険、と避けてしまわず
安全かつチャレンジできる方法で、クラスを組んでいます。

それは私が、ようやくポワントシューズを好きになってこれたから(*^_^*)
自分が安心して伝えられることは、受ける側の方も安心できるんじゃないでしょうか。
 
世の中には「教える」と言うことを、非常に割り切って出来る方も居られますが
でも私はそういうタイプじゃない。
自分が苦手だな、と思うことは「私もこれは苦手^^」と伝えますし
自分が得意なことは「これ、得意だから。」と、伝えます。

特に”苦手”⇒”出来るようになった”事に関しては
かつての自分と同じ道を通ってるなぁ、とすごく思いますし
そこで諦めたら終わりやーん、と、口をついて出ちゃう(笑)

出来ること→正しい
出来ないこと→正しくない

じゃないんですよね。
努力は皆さんされてる、でもなぜ出来ないの?
努力をしている方向が、もしかすると、ちょっとだけ間違えてるんじゃないの?

ちょっとだけ間違えてる部分が正せることで、グンと良くなったり、出来るようになること
沢山あります。

まずは、思い込みや先入観を置いてきて欲しいですね(*^_^*)
そして、度胸を持ちましょう♡

IMG_20160518_141811

いつもお読みいただき、ありがとうございます!
新宿&代々木にて、レッスン開講しています。
「初心者から経験者まで、楽しく分りやすい指導」がコンセプト。

ご入会の方全員に、ポワントフィッティングをはじめ
バレエ用品コンシェルとして同行しております。
あなたに合うシューズ・ウェアを選ぶお手伝いをいたします。

体験レッスン随時歓迎中です。お問い合わせはお気軽に!
http://bit.ly/KayanoBallet
体験レッスンのお申込みはこちらから。

熊本・大分地震に被災された方へ
5月分の受講料と、チケット代から一部を
寄付として捻出したいと、現在取り組んでおります。
少しでも、多くの方のご協力が頂けたらと思います。

Kayano Kawai

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中