【お腹と足(つま先)との関係】のツレヅレ

GW初日の昨日は、風が強かったものの、とても良いお天気でした。
普段通りの生活でしたが、どことなく街はお休みモードでしたね。
今日はポワント講座、前回の続きの日です。

ここ数日で書いてみた記事を、集めてみました。

【足のこと、知ってますか?】な、ツレヅレ

 

これらは、すべて私が30数年に渡るバレエとの関わりの中で
体験してきたこと、感じて来た事を元にしています。

そのため、トレーナーの方が書かれるような専門性の高い記事ではありませんし
ノウハウ的な要素も、余りありません。
けれど知識の無い人が、バレエに対して無駄に怖れを抱くことを
少しでも減らすお手伝いになったら、と思って書いてます。

ではいよいよ、お腹と足(つま先)との関係です。

d25a5ee1d190b90136676f09eda8a4e6
出典:sfballet.org

この写真の子達は、多分6歳~7歳・8歳?位かな。まだお腹もふんわり。
ドゥミ・ポイントで、しっかり立ってます。クラスの雰囲気も、とても良い感じ。
規律ある場所なのでしょう。

この位の子供の年齢では「ドゥミ・ポワント」でまず立てるように、育てて行きます。
そのためのア・テール(床に足の裏を全部付けて立つこと)も、丁寧に指導されます。

私が過去に、師事していたパリ・オペラ座の先生から言われたのは
「右のウェストのくびれの位置から、左足の爪先を繋げて
そしてその反対側からも、同じように感じて。
身体の中を、いつも交差させるように使うんだ。

だからお腹を感じて引き上げないと、つま先って伸びないんだよ。
足はお腹から使うものであって、その下の股関節の部分は、鋏で言うと
指を入れて動かす場所だよ。」と。

私はこの表現がすごくしっくりと腑に落ちましたが
さて、読んで下さってる方には、果たして伝わったかしらん??^^
でも分かんなくても良いので、イメージしてみてください。

1064197_10151557266047825_1014846662_o
ストレッチするのも、全身を繋げるためです。
そう思うと「よぉし、柔らかくしよう!」と、前向きに捉えられるはず。

「お腹、引き上がんない~」
「つま先、伸びない~」

自分の身体に対する不満やダメ出しを、ついついしてしまうことありますが
クラス中に、フッと口をついて出る先生のたとえ話に
どこまで共感できるか、そしてイメージ出来てるか。

つい「口ぐせ」として出てしまう「できないんです・・」を、これからは少しでも減らし
「こうやればいいのかな?」
「そういう考え方もあるんだ。」
と、捉えるようにしてみましょうね^^

気づいて、そして願っていれば
少しずつ、少しずつ、変わって来てます。それを信じましょう。

今日のレッスンが、参加下さる皆さんにとって、良い時間になりますように。

———————————————————————☆

新宿&代々木にて、レッスン開講しています。
当スタジオのレッスンは
「初心者から経験者まで、分りやすい指導」がコンセプト。

体験レッスン随時歓迎中です。
お問い合わせはお気軽に!
http://bit.ly/KayanoBallet

今月はスタジオを開設して16年目になります。
細く長くですが、続けて来られたことに感謝いたします。

Kayano Kawai

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。
体験レッスンのお申込みはこちらから。

4/23&30にポワント講座行います。
ポワントの選び方、立ち方、ポワントだから叶うこと、をお伝えして行きます。

☆5月から新規ポワントクラス開講予定!
ご入会の方全員に、ポワントフィッティングに同行しております。
あなたに合うシューズを選ぶお手伝いをいたします。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中