【足のこと、知ってますか?】な、ツレヅレ

 初夏の季節が近づき、お店にもサンダルが並ぶように。

外も緑が美しくなってきましました。

 

このサンダルの画像を見つけた時、足にフィットするだろうな~と。
ヒールこそ高いけど、足の指の腱が束になってる部分と(足の甲よりちょっと下)
足首そして、小指から親指にかけては、しっかりホールドされるようなデザインになってる。
(ただ、ちょっと細いけど)
しかも踝にかけては、両サイドから引っ張り上げる様なラインも見える。

ジル・サンダーのサンダル。
デザインとしては華奢だけど、力強くてエレガントです。

62ae3640482ed9862ac4d7efeefd5ca6

 

モデルさんの足も、細いけど強そう。この足はきっと鍛えてるはず、なんてね^^
こういうとこ、結構細かく見ちゃいます。私なりの見方ですけど。
(マニアック!)(笑)
ポワント選びの時も、ポワントシューズ、と言う一般の人にとっては特殊なものではあっても
履くのは人なので、動きの導線と力の引っ張り具合、そしてその人の足との相性を
デザインや形から見てます。
多分、シュー・フィッター向きかも(笑)
私がこういうことをサラッと言うので、いつもビックリされます。

でもその都度「私は〇〇を知ってます。」と言う前置きが必要なんでしょうか?^^
バレエの先生やってたら、足についての知識は、一般の方より(絶対)ありますので。

ちなみに、踵の骨として床に着いてるのは
上の写真で言うと、ヒールの一番下(ピンリフト部分)程度と言われてます。
下のイラストで言うと、踵からポコっと飛び出てる部分がありますね。
10sokukonkotu08

あそこだけが床に触る部分だそう。
こんなに小さいんだ!と、私もかつて解剖学を学んだ時に思いました。
立ち方を見直しましょう、土踏まずを意識しましょう、と言っても
まず自分の足ってどうなの?と知らないことには、スタートしません。
より専門的なことを知ろうとする前に、まず毎日健気に歩いてくれてる
自分の足を、愛でてあげてくださいね。
(このシリーズは、ちょっと続けたいと思います^^)
———————–
☆新宿&代々木にて、レッスン開講しています。
当スタジオのレッスンは
「初心者から経験者まで、分りやすい指導」がコンセプト。
体験レッスン随時歓迎中です。
お問い合わせはお気軽に!
今月はスタジオを開設して16年目になります。
細く長くですが、続けて来られたことに感謝いたします。

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。

いつこさんイラスト4

いつもお読み頂き、ありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします。

ほんブログ村演劇・ダンスブログバレエへ
ほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中