【そのシューズ、足に合ってないですよ~】と言う”気づき”

しっとりとした、雨の朝です。

昨日のポワント講座は、思っていたよりもずっと中身濃く
そして有意義な時間になりました。

普段の受講生に混じって、お一方が体験で参加。
最近「Blog読んで、こちらに来ました。」と仰有る方がちらほら。
ありがとうございます☺
初めての場所で、初めて会う人から習うのは正直緊張されたそうですが
でも勇気を出して来てくださるのは、本当にとても嬉しいです!

クラスレッスンから、ポワントに繋げるために
お腹や背中周辺、そして指先を意識した内容で行いました。
引き上げが出来るようになる、お腹ほぐしの意味も伝えつつ(^-^)

すると実際にポワントを履いてからは
普段よりも綺麗に立てる方が。

ここまで真っ直ぐとは行かないけど、でも普段はもっと膝が曲がってたのに
昨日はかなり引き上げられるように。

僭越ですが、綺麗に立てるようになった方は普段レッスンに来られてる受講生。
反対に弱点が露になったのは、体験の方でした。
理由は用意されてきたポワントがかなり古かったことに加えて
変な立ち方の癖をシューズに付けてしまってることが分からないままだったから。

けれど、シューズが足に合ってない、と言うのがハッキリと分り
それがすごい収穫だったそうです。むしろ喜んでおられて良かった^^
なので、新たにシューズを買い直し、作り上げることをお薦め。

ポワント歴の浅い方にとっては、シューズが合ってるか合ってないか分らない、と仰有る方、実は結構居るんですよね。

★シューズの耐用年数は、かなり長く見てて1年かな。
(舞台に出ず、レッスンだけで履いた場合を想定して。)

シューズも生きてます。
使い込んだシューズを長期間放置しておき、また使える、と言うのはごく”稀”なケースだし
その間に足も変わります。
ご自分が上手になってればいいけど、何となく~、なレッスンの受け方だと
やっぱり年齢と共に劣化しちゃうので^^;

クラスの最後、気になった人のポワントに足入れさせて頂きましたが
その時に「これはまだ使える」と思ったものと
「もうこれはダメです。」と思ったものがありましたね。
これは要チェック課題ですね☆

本当に奥が深いポワント。痛いのも理由がちゃんとあります。

SAMSUNG
この写真は昔某バレエ用品店で、シューズモデルを募集された時に、撮ってもらいましたが
馴染んでないシューズで立つって、実は結構辛かった^^;
やっぱり自分に合うものが、一番!

来週はちょっぴり初級編を行います。
★5月から隔週土曜日にも、ポワントレッスンを行う予定です。
レベルは初級と考えてますが、集まる方次第で内容は検討します。
ぜひおいでくださいね!

———————————————————————☆

新宿&代々木にて、レッスン開講しています。
当スタジオのレッスンは
「初心者から経験者まで、分りやすい指導」がコンセプト。

体験レッスン随時歓迎中です。
お問い合わせはお気軽に!
http://bit.ly/KayanoBallet

今月はスタジオを開設して16年目になります。
細く長くですが、続けて来られたことに感謝いたします。

Kayano Kawai

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。
体験レッスンのお申込みはこちらから。

いつこさん イラスト4

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中