若いうちは鍛えられた方が良いよん、と思うツレヅレ

3月も中盤に差し掛かってきました。
卒業、就職等の新生活へ向けての準備をされてる方も、多いと思います。

上京してから20数年経ちますが
憧れから入ったこの世界によく今まで居続けられたなぁと、昨日フッと想いました。

今回の眠りの王妃役(トリプルキャストのうちのお二方)が松山バレエ団のご出身で
昔森下洋子さんが出演されていたバレエの番組に、よく登場されていたのです。
私は当時まだ中学生でしたが、数十年経ちテレビで見ていた方と
今回共演しちゃったりすることが、現実的に起こりうる。

 

諦めないと言うことは、時期が来ると自分の居る場所が
エレベーターの如く、上がるようなものなのかも。
私の場合、後発だったため(上京してきた後から、徹底的に直され続けた)
上昇志向が人よりも強かったのかもしれません。

 

石にかじりついてでもその場所で耐え忍んだ、と言う経験を沢山してきた身からすると
【根性】だけは若いうちに鍛えられないと、身に付かないかも。
 

当時の経験は、今の自分から見ると納得が行くことばかり。
今は「ベテラン」の部類に入れられてしまい、ハゲシク注意をされることも少ない。
なので、こうやってたまに振り返るのはイイコトかな^^

213709944787077869_IUG7emWt_f

コール・ド・バレエ(群舞)の子達を見てて思った。
”やっぱり、コール・ドが一番鍛えられる!”
揃え方が体に身に沁み込むのは、ホント若いうちのほうが有利。
ある程度年齢が経った方は、目を使うことが難しくなってくるんですよね。
なので揃え方や並び方も、時々レッスンに入れたりしてます。

昔、コール・ド・バレエのエキスパートと呼ばれた先生に
「かや野ちゃん!!!」と、どれだけ名前を連呼されたか分りません。。。
友達から「かや野ちゃんばかり、名前呼ばれるね(笑)」と言われたこともあります^^;
でもその先生からは後々、コール・ド・バレエについての決まりごと、並び方、ルール、意味を沢山教わりました。

kk0010

撮影:長谷川清徳さん

2009年のスタジオ発表会で”ジゼル第2幕”を行った時、コール・ド・バレエは全員大人バレエの方でしたが、とても綺麗に並べるようになりました。
ブラヴォー‼
昔沢山注意されたことが、ちゃんと生かせた!と思った会でした。
この作品は、またやりたい演目の1つです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^
———————————————————————☆
踊ることで心と体の調和を目指すクラスを、新宿村&代々木で開講中。
「初心者から経験者まで、分りやすい指導」がコンセプト。
只今レッスン生募集中です。

Kayano Kawai

バナーを作成
お気軽にフォローして下さいね。
講師紹介・スケジュール・受講料他の詳細はHPから★
http://bit.ly/KayanoBallet

『レッスンを受けてみたいと思われたら』
まずはお気軽にメッセージを下さい。
ブログの感想でも構いません。
また「こんなクラスが有れば。」と言ったお問い合わせも歓迎です。

★個人レッスン30分プレゼント(新規ご入会で20回チケットをご購入の方)いたします。5名限定。
★よりスキルアップを目指したい方(10代~20代対象)のクラスを考案中。
こちらは新設クラスになります。

体験レッスンのお申込みはこちらから。

ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中