アンナ・カレーニナ

昨日は気持ちの良い秋晴れの1日。
そして、劇的な午後でした。

どうしても観たかった舞台を、大阪まで観に。
日帰りですよ~
しかも、午後思い立って行きましたから・・・^^;

【アンナ・カレーニナ】

日本での初演は1992年。
日本バレエ協会が海外からのゲストを主役に招き、公演を行いました。
(ウラジーミル・マラーホフさん、イルギス・ガリムーリンさん
ガリーナ・クラピーヴィナさんが主演)

私は初演時、1998年、そして2014年に、この作品に出演する機会に恵まれましたが
チャイコフスキーの美しい音楽と、「踊るお芝居」さながらの演出に
振付者のアンドレさんの深い想いをいつも感じました。

原作はレフ・トルストイ。
貴族社会の表と裏を描きますが、この作品の主眼はどちらかと言うと
アンナとウーロンスキーの「心のありさま」に焦点を当てて
彼らを取り巻く周囲の人達を描いているように感じます。
場面転換が豊富で、観て飽きることが無いのと
小道具一つに至るまで、しっかり計算されつくしている舞台です。

SAMSUNG

前回出演した時に知り合った、指揮者の先生の一言に背中を押され
新幹線の中で、出演者の方にチケットの手配をお願いし。。。
舞台を観ることができました。

今回初めて客席から観たアンナ・カレーニナは、とてもとても美しい舞台で
重厚な音楽の層に、様々なシーンを想い重ね合わせることができました。

新幹線の最終に間に合わないため
最後のクライマックスや、自分が演じたジプシーは見れなかったけど、でも心は満足。

大急ぎな私を、無事に駅まで運んでくれたtaxiのおじちゃんや
色々アドバイス下さったホールの係りのお姉さん
最終の新幹線は激混みだったのに、運良く名古屋で下りてくれたお兄さん
(関係ないか~ 笑)
ホント、皆さんに感謝。

こんなに自分に行動力があるなんて、思わなかったし
全ての時間がキチキチでしたが
でも、計算され尽くしてるようにスイスイ物事が進み
ある意味、奇跡。。。

故アンドレさんに、敬意を込めて。

1546359_614485508589427_1159007751_n
2014年の出演時の写真です^^

人間、行動あるのみですね。
今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本日もスタジオでお待ちしています(^-^)

☆———————-☆—————————-☆

スタジオ名をクリックすると、HPにリンクします。
Kayano Ballet Studio
踊ることは日々発見。
バレエが楽しく踊れるようになるために、習う人それぞれにアドバイスを行っています。

☆10月からスタートする
2つのマスターコース・レッスンプラン。
初めての方でも分りやすく、基礎をマスターすることで
長く安心して、楽しくバレエを続けることができます。
また、少しレベルアップしたい方向けの内容もございます。

詳しくは⇒http://bit.ly/1PKu4YG
体験レッスンフォーム⇒http://bit.ly/1U3k3fw
お気軽にお問い合わせくださいね。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いします(^-^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中