あれこれ言わぬが花

本日の2記事目。

題名にもしてみたけど
「あれこれ言わぬが花」

教えることは、時として人の感情に対し、果敢に切り込むことだったりします。
知識欲にアプローチできて、お互いに伝わればHappyですが
そうなれる前に、必ず色々な事を”先に相手は仰います。”

「身体が固くてすみません」
「自分の頭が悪すぎて、覚えられない」
「笑えって言われるけれど、まだ無理です」

つま先の注意をすると
「伸ばしてるけれど、伸びません」

グランバットマンの足の上げ方の注意をすると
「一生懸命上げてるけど、上がりません」

そういう方に対して
時として畳みかけるように追い込むと、私の勢いにビックリして(無意識に)出来ちゃったりする。

「ほら、出来た。そこまで普段からもやってみて下さい」と言うと
恐縮する方も居れば、ポカンとする方も居られたり。

album-1379302424-1

「本気でやってみましょう」
「どんどん、身体を使いましょう」

今までそう言って来たけど
もしかすると、その言葉は適切では無かったのかも・・???

昨日の体験会では
「頑張らなくて良いです。」
「身体が知ってることを、させてあげてね」

この言葉を言ったのは、体験者がバレエクラスを経験済みだったからですが
きっと彼女達なりに無意識に「思考の順番」を決めているのかもしれない、と感じたから。

なぜ身体が堅いと謝罪するのか
慣れて無くてできないことをすまないと思うのか
感情を出すことを、出来ないと言うのか

よくよく考えると「??」なことですし
出来ない、と自分をアピールすると、責任を負わなくても済む
中にはそういう考えの方もいるのかもしれない、と思うことが有ったり。

踊りにはその人の気質がとても反映されます。
素直だなぁと思う人は、とても真摯な部分が見えます。
自分の持ってる素材を、否定してかかる理由は、どこにも無いと思うのですが。

夜のクラス前に、私も自分に対して
「あれこれ言わぬが花」で行こうっと。

本日レッスンで、どうぞお待ちしています(^-^)
19:00~ バレエベーシック @代々木スタジオミキ
当日の体験もできますよ♪

2015-01-09 21.13.57-1

☆———————-☆—————————-☆

スタジオ名をクリックすると、HPにリンクします。
Kayano Ballet Studio
踊ることは日々発見。
バレエが楽しく踊れるようになるために、習う人それぞれにアドバイスを行っています。

☆10月からスタートする
2つのマスターコース・レッスンプラン。
初めての方でも分りやすく、基礎をマスターすることで
長く安心して、楽しくバレエを続けることができます。
少しレベルアップしたい方向けの内容もございます。

詳しくは⇒http://bit.ly/1PKu4YG
体験レッスンフォーム⇒http://bit.ly/1U3k3fw
お気軽にお問い合わせくださいね。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
ポチッと押して応援お願いします(^-^)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中