スタジオに想う、ツレヅレ

台風18号が近づいていますね。
ゆうべもかなりの大雨。気をつけていきましょうね。

あ、まだキーボード直ってない・・です^^;
これはスマホから書いてます。

さて、コチラの写真たちは、私が過去~現在までクラスを行っていたスタジオです。
011 (2)

IMG_5137
懐かしの登戸スタジオ

SAMSUNG
こちらも懐かしの吉祥寺産経学園

11745807_852781248111208_5808626994422136338_n
木曜日にお借りしている、スタジオミキさん

DSC_02782
日曜日のカルチャー、よみうり文化センター北千住
11249317_10203028373068997_3219970860394601463_n
そして新宿村スタジオ

バレエのレッスンを行う際、床はとても大きな部分を占めます。
もちろん、身体にも関わってきます。

カルチャーの場合は、実は正直言うと滑ることが多く、そしてスペースも広く有りません。
そのため、できることをチョイスします。
大きなジャンプは、まずやらず、プチ・アレグロも”ここでできること”として内容を組むので
センターはかなり、削ぎ落としてます。

その点、ダンススタジオとしてレンタルしている場所は
リノリュームと言うゴムシートを敷いているため、やれることが沢山あります。
足に優しく、安心して跳べる。足もとが滑る心配も激減。
そして天井の高さがあれば、パ・ド・ドゥも可能。
集まってくる人に合わせてクラスにも工夫が出来ますが、ただ、それなりのお値段もします。

初心者の方が多い場合、最初は余り広さはいらないかもしれません。
けれど、床の条件は大事だと思う。
足に優しいサクラやヒノキと言った床のスタジオは、今は珍しい存在になりつつあります。

床に拘ってるスタジオは、踊る人のことを考えてくれていると、いつも感じてます。
ちなみに、かつてお借りしていた登戸スタジオがリノを敷いてくれたのは
私が再三本当にしつこく頼み続けたから(笑)
バレエ踊りたくて来てるのに、出来る環境じゃないスタジオなんて意味を成さない、な~んて言って(笑)

お陰で沢山のことが出来ましたが、今年の4月に移転しました。
やはり自分のスタジオではないため、掃除やメンテナンス、他の利用者のマナー等に目が行ってしまい、段々虚しくなってしまったことが正直な理由です。

踊る人にまずは良い環境を、と思ってしまうのは、実はとても贅沢なことなのですが。。
でも汲み取って戴ける方が居られたら、とても嬉しいことです。
スタジオは「無から形」を生み出すスペースなので。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました☆
☆———————-☆—————————-☆

スタジオ名をクリックすると、HPにリンクします。
Kayano Ballet Studio

大人からのバレエはエレガントに美しく
歌うように踊りましょう。
☆12月のバレエ小作品発表会の出演者募集、ソロを踊りたい方
ぜひご一緒しませんか?
踊りたい方は10日までに、ご連絡をお待ちしています!

体験レッスンのお申込みは⇒http://bit.ly/1U3k3fw

スタジオ紹介動画⇒ https://youtu.be/hsyp1sF61Ow

いつもお読み頂きありがとうございます。
日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援ぽちっとお願いいたします。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中