ダンサーさん、役者さん・・

昨日関東地方が梅雨入りしました。
朝からしっとりと雨が降っています。

昨日の”クローズアップ現代”を観た方も、多分大勢居られると思いますが
渡辺謙さんの特集をやってました。
王様と私、私も好きな映画です。

日本人プロデューサーの方のインタビューや
俳優さんを紹介するマネジメントの方のインタビューを聞いていて
あぁなるほどなぁ、と思うことが沢山ありました。

「日本人は内向き」

皆さん口を揃えて仰ってますが
その前に(こんな小さなスタジオ主宰者が言うのもなんですが)
ダンサーと役者さんの、ちょっとした”違い”をまず解説してみようかと・・^^

ダンサーは遠目で見ても、ダンサーと分かりますが
役者さんは普段「あれ?」と分からないことが多いです。

役者さんは街の中で歩いている時には、ごくごく自然体。
それが稽古場に行くと「化ける」。(変身できる、とでもいうのでしょうか)

ダンサーはレッスンが普段の日常ですから、身体つきがまず違ってきます。
そして役がつくと言うのは、配役に応じた演技も出来るように指導されますし
それに応えるオープンな気持ちが、テクニカルと一緒に求められます。

私も過去に少しお芝居を齧ったことがあるのですが
両者に少しではあるけれど、違いが有るんだなぁと感じました。

本来はどちらも、心と身体を上手く調和させていくものだけど
ビミョーに優先される部分への時間差が有ると言うか・・必ずありますね。

ミュージカルは台詞に加えて必ず歌やダンスがありますから
身体作りやそして歌(しかも英語!)も歌う。
今までやってきた自分のやり方を変えなきゃ絶対に出来ないだろうなぁ・・と慮ることしかできませんが、それはそれはすごい努力だったと思います。

でも55歳でそのチャレンジできる謙さんは、本当に素晴らしい。
興行と言う、ものすごい責任も背負う訳ですしね。何よりそこかな。。。

その気迫や、挑戦する気持ちが、若い人に減ってきてる。
それを「内向き」だと、マネジメントする側や
プロデュースする人が危機感を持って、そう捉えているんだと思います。
日本人の役を中国人の女優さんが演じちゃう、そんな時代ですよ^^;
監督が求める日本の女性像が、日本の女優さんで見つからなかったそうですが
そんなことが有って良いんだろうか。。と。。。(ちょっと危惧)

「若ければ若いウチの方が確かに良い。
決してあきらめなければ、必ず結果が出る世界」

リンク貼っておきますね。
「俳優は恥をかく商売」

SAMSUNG
14年もスタジオをやってきてますので、過去にレッスンに来られてた方の中に
今はお芝居で活躍している方も居られます。
SNSで彼女の頑張りぶりを見ていると、嬉しくなります♪時々やりとりもするけどね^^
周りに恵まれ、そして可愛がられ、役が付き、そして次の仕事へと繋がって行ってるんだろうなと。

私も頑張らないと~^^
今日もスタジオでお待ちしています。

Kayano Ballet Studio
大人のバレエだから、エレガントに美しく踊りたい。
バレエを通して美しくなりたい方や、踊りそのものを上達したい方等
初心者から経験者まで、丁寧に指導いたします。
新宿村スタジオと代々木にて、クラスを開講しています。
只今レッスン受講生、募集中です・・☆
体験リピーター制を、6月末まで行ってます!2度目の体験が¥500お安くなります。
そして体験日にご入会の方は、入会金から体験料を差し引かせて頂いております。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
いつもお読み頂きありがとうございます。
応援ぽちっとお願いいたします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中