GW企画レッスンのツレヅレ

昨日の昼間は暑いくらいの陽気でしたね。

プチ作品クラスとして、レ・シルフィードからコーダを練習。
音楽はショパンの、華麗なる大円舞曲ですね♪

群舞はフォーメーションが必須。
初めてバレエ作品を踊った方には
「こんなに決まり事が多いの?!」と思われたと思います。

立ち位置を絶対守ること とか
間隔を取ること=前の人を絶対に信頼する とか
その他沢山の「決まりごと」があるんですが
それを身体に入るように、自分で一生懸命やるから覚えます。

大抵のものには「決まり事」がありますね。
マニュアルとはちょっと違うけど、共通のルール。

踊りながら身体で覚えなくてはいけないことなのですし
ちょっと客観的な説明が必要だなーと思った時には、ホワイトボードを使ったりもしましたが
説明を聞いたから、と理解できるものでもないのが踊りの世界。
まずは、想像力を逞しくして頂くのが一番です。
image

楽しい♪(*^_^*)と 難しい・・(^_^.) が混在するのが、バレエの振付の現場。
そこに自分の感情を持って入っても仕方がない、と私はいつも言うのだけれど
それは何かを行う場合、皆が同じ方向を向くからこそ成功するのです。
最初から何でもできたら、きっと今頃皆さんプロフェッショナルで踊ってます♪

私は久々の振付で、楽しかったです(^^)
レ・シルフィードを、初めての発表会で振付けた時を思い出しました。
きっと今なら、もっと上手く色々出来るだろうにね・・・ナンテ思ったりも。。^^
ジョイントとして出演した発表会写真

今までやってきたことの質は下げず、良いと思ったものをセレクトしてどんどん出したい。

なのでGW、ちょっとだけリフレッシュしてきます。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援ぽちっと宜しくお願いいたします^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中