自分に手間かけること

昨日は暖かく、とても春らしい陽気でした。
新しいCDのお蔭で、クラスがとっても良い感じで動きました♪

現在土曜日は、今まで3クラスありましたが、1クラスになっています。
新宿村へ移転した後、様子を掴むまで今しばらくは1クラスで。

入門となっていますが、もう慣れている方が来てくれているため
片手と両手のバーを混ぜ、そしてセンターもスローペースではあるものの
アレグロやワルツまでは行う、と言った形です。
経験はあるけれど、リハビリモードで始めたい方や
沢山動く内容までの、インターバルを取りたい方をイメージして構成しています。
でも全く初めてだから、と臆することもありませんよ~

さて、金曜日はおいしそうなサンドイッチを買った後
食べる場所を探していたら、代官山の蔦谷に出ちゃいました(笑)
(渋谷に居たんですが)

そこで目が釘付けになったのが、有元葉子さんの本。

コンセプトは
「とにかく使い切る」

自分が食べることを、買ってくるお惣菜で簡単に済ますことは
自分の命を相手に委ねることと同じ

 

ドキっとした言葉もありました。
今、TPPの問題もあったり
食べることが、これだけあれこれ言われるのは
今に始まったことではないと思うけれど
けれど関心が相当高いとは、いつも感じます。
要は、ちゃんと選びなさい、と言うことでもありますね。

その中にあったお料理で
「これ、やってみようか~」と思ったのが↓コレデス。

11149243_1020050918005840_289443839219611325_n

感化されやすい私。。。^^
奮発して、昨日鶏一羽買いました。

本には「一人暮らしでも、鶏は一羽買う」とありました。

まるごと茹でてスープを取り
部位別に取り分けて、丸ごと使いきる。

んん・・・大胆だけど…むしろ安上がりなのかも?。。。

まず鶏に塩をすりこみ
内側にも塩をすりこみます。
鶏に塩が馴染むまで待ってる間は、包丁を研いでました(^-^♪

お鍋に入れてお水を入れて
約40分ほど茹でて(本では蒸してました)
バットに上げ、冷ましてから
キッチンばさみでチョキチョキ。
もも肉、手羽先、むね肉、そしてスープが取れました。

鶏の胴体をほぐした部分を
胡麻マヨネーズ和えに。
11114266_1020066338004298_9149848516344240493_n
これは!!!!
いつもと全く味が違う~!!
美味しい!

取り分けた部位は、それぞれに調理すると楽だそう。

それにしても2時間かかっても、何も出来てなかった・・・^^;
下ごしらえして、茹でて、捌いて
あー、仕込みって大変だなぁ
ご飯作るって、本当に大変だし、時間が掛かるんだよね、って
改めて思いました。

でも”鶏一羽の命を戴く”と言う気持ちになれた気がしました。

11150249_1019520608058871_4429259699305617974_n

自分に手間かけるのは、自分で自分を愛することで
人の手に簡単に委ねてはいけない、と。
さすが料理研究家ならではの、鋭い言葉が散りばめられていて

でもこういうポリシーは、踊ってるなら自分のケアも
そしてメンテもしなきゃいけないことと、おおいにリンクする部分かな、とも思ったりします。
それを伝えていくことで、きっと役に立てるなら、嬉しいですしね♪

今日はこれから北千住クラスへ。
北千住には、最近いつも体験や新規入会があります。
新宿や代々木も、これからまたきっとそうなることを祈って♪

今日のブログは長かったけれど
最後まで読んで頂き、ありがとうございました~。

バレエ教師兼ダンサーのおうちご飯Facebookページも、ぜひご覧くださいね。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援ポチっとお願いいたします♪
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中