バレエと食事~ 体づくりのツレヅレ編

今日は祝日ですね。
建国記念の日。神武天皇が即位された日と言うことになっています。
即位されたのは紀元前660年ですよー。
同じ人間なのに、今や伝説・・・。どんな生活をしていたのだろうかと思うと
謎すぎて、すごく気になることが多いです(笑)
奈良は橿原市に、神武天皇陵があります。

さてさて、昨日久々に自分撮りをしました。
SAMSUNG

SAMSUNG

SAMSUNG

今度の座学の資料にもなると良いかな、と思ってます^^
ちょうど姿勢について説明しているためもありますが
「この形になるのはどこの部位から動くの?」と言うことを知っておいた方が良いかなと。

ヨガをしているお蔭で、まだそれなりに柔軟性はあるかもです。
なぜヨガが良いの?と言うと、私が思うに、ポーズ一つ一つに対して呼吸や
エネルギーポイントを感じながら行うから、じゃないかな^^

20代の頃ホテルのラウンジで長時間の立ち仕事をしていたので
左の腰がとてもとても固くなり、ヘルニアになりかけたことがあります。
左右の足の高さが10㎝近く違うと言う、とてもアンバランスだったのに
それをだましだまししながら踊っていたことで、身体の色々な所が捻じれて
そして更なる痛みを誘発。
坐骨神経痛もしょっちゅうでした。痛いんですよね。。。

体幹の強さが必要だと分かったのは、コンテンポラリーのWSレッスンを受けてから。床に転がるリリーステクニックが、思いがけず身体の骨格調整をしてくれる効果がありました。
ちゃんと食べる方が身体にも心にも良いな、と思うようになれたのも、そのWSのコンテのクラスの先生が、衣食住に関わる更に広い宇宙観を話してくれたからでもあります。
ドイツのフォーサイスカンパニーの方でしたね^^  彼女は本当に優しかった。

同時期にピラティスを座学で学び、痛みの起きる理由やその対処法を理解し
自分に当てはめていきました。
その後に結構しっかりピラティスのクラスを受けていましたが、理解しやすかったのは
やはり踊りに絡められるからかもしれませんね。

SAMSUNG

☆2/7と2/14に行う 「座学とバレエ」

このレッスンでは最初に図解のための資料を見てもらい
そしてメモを取ってもらう時間を設けています。
その後はエクササイズに移り、そして最後は緩めのバーレッスンを少しだけ行い、終了になります。
内容は緩いです^^
緩いけれど、やらないよりやったほうが絶対に良いです♪
なぜなら自分の身体は一生もの。
前回受けてくれた方皆さん全員、立っているのが楽、と仰ってました。

かなり説明をしっかり行いますので、初めての方もご安心下さい。
お申込みはまだ少し空きがありますので、ご興味のある方はお早めに。⇒こちら。
こちらのクラスは予約制となります。
また当日のキャンセルは全額負担となりますので、予めご了解下さい。

関連のある興味深い記事をリンクしますね。
Number Do『欲しい体を手に入れる体幹論』より
コンテンポラリーダンサー、川口ゆいさんのインタビュー記事です。
体幹について、とても分りやすく書かれています。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村