ユリ・エコールド・コンテンポラの発表会

昨日は北千住クラス後
ユリ・エコールド・コンテンポラ(主宰・田中ゆり先生)の発表会の応援に。
北千住からホールの有る南大沢までは、東京をずーーーっと横に進むような形でしたが
何とか3部の開演には間に合いました^^

第三部は「眠りの森の美女より、プロローグ」
出演している生徒さんが皆まだ小さいため、無理強いをせず彼女達の成長に合わせた演目プログラム。
「温めてるなぁ」 いつも見てそう感じます。
コンテンポラリー、観たかったな・・・。

生徒さんを温めて育てるには、時間が掛かります。
急いてはダメなんです。

SAMSUNG
終演後に写真を一緒に撮ることが出来ました♪
美しい王妃がゆり先生、そして乳母が米田ひろみさん。
さすがにお二方、気品に溢れています(*^_^*)

ゆり先生のお衣裳は、ロココ調の素晴らしいデザインでした。
”眠り”はフランスを舞台にしてますから、そういった細かいディティールへの拘りや作品への配慮があちこちに散りばめられていて
それに対して小さな生徒さんが一生懸命お芝居をして向き合っていました。
とても微笑ましかったです。

カラボス役のバルティスさん、ものすごい存在感で
初回の稽古の時には、子供達は本気で怖がったらしい。
本番では少~しコミカルにアレンジされてましたが、男性ダンサーの本気の迫力を間近で見たら、確かにビビるだろうなぁ(笑) 
上半身の使い方等、とても参考になりました。アタシももっと悪役やりたいなー(笑)

この日の北千住クラスも、とても良い雰囲気だったのですが
やっぱり「バレエ楽しい♡」と感じた1日でした^^

ゆり先生、発表会の成功、おめでとうございます!

♪日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします(*^_^*)
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村