観に来て頂くこと、へのツレヅレ

早いもので、11月ももうお終い。
そして、いよいよ来週に本番が二つ。

毎日とてもスリリングです(笑)
こんなにドキドキする時間を毎日繰り返してると
「どちらも観に来てもらいたいなぁ」と思います。

足を運んでくださるだけで、本当に嬉しいもの。
昔長く所属していた稽古場を辞めた時に
「あなたの踊りを見ていると、幸せだなあと感じられる人になりたい」と思ったものでした。
叶ってるかどうかは、定かではないけど^^;

スタジオパフォーマンスに出演するスタジオ生にも
「必ずお客さん呼びなさい」と伝えてます。
自分だけ踊ってお終い、と言うのはダメですよ、と。
私は観に来て頂く方に楽しんでもらいたくて、構成を考えています。

ただ皆、上手いとか下手とか、そんな事ばかりで自分をジャッジしがち。
足上がらないのー
ここ、上手く回れないしー
とか
そんな事ばかり思って、自分を貶めてる気がします。
なので、その部分はかなり改善してもらいました。

観に来てくれる人は
時間を割いて、「頑張ってる私」を観に来てくれています。
わざわざ足を運んで
そして時には、プレゼントも持って
終った後には、拍手してくれて
可能だったら、終わった後ロビーで待っていてくれたりもして。
(あ、12/7は出演者がロビーに出ます^^)

それはとても嬉しい、気持ちのプレゼントであって
それが当たり前、と言うことは絶対に有り得ないと。。。
それに見合う自分になるのが練習だと、思うのです。
タイヘンだけどね。
私もいっぱい、叱られてます^^;
そして行く先々のレッスンで、色々なアドバイスを戴くこともあります。
それを「あ、この時に使ってみよう」と
課題の部分に照らし合わせたりしてしてますね。
これは、私のやり方だけど
他のやり方で、理解を深めてる人も、もちろん居ます。

12/6は、まだ若干お席がございますので
お申込み、お待ちしています。
12/7のお席も、主催者側も大分席が無くなってきております。
そして、私の手持ちも大分捌けております^^
あと5枚、ご用意があります。良いお席ですよ☆

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村