見られること、へのツレヅレ

毎日「1日が経つのが早い・・・」と感じます^^;
1日はどんなに頑張っても、24時間しかない。
最近は早起きのせいもあって、1日がとても長いのだけど
その24時間の中でもこなすことが沢山あるし
どうやって良くして行こうとか、目標に向かって進んで行こうか、と思います。。

私の今の目標は、12/6と7日の舞台なので
まずはその山を2つ、ちゃんと超えることにあります。

スタジオと言うコンパクトな空間に(それでも、新宿村のウェスト301スタジオは47坪あります!)
椅子をセッティング(30席と思っていたけど、50席まで多分並べられます)
そうすると仮に満席になれば、100個の目がスタジオ生と私に向く訳です。
そして翌日の五反田ゆうぽうとは、1800席!

人から見られても大丈夫、な状態にするためには
最低限の清潔感と、身だしなみを普段から整えておくこと、かな。

例えば、ウェアから下着のラインがはみ出さないようにしておくことや
髪のまとめ方を綺麗にしておくこと
スカートのリボンを綺麗に結べることとか
(これらは子供のバレエだと、幼い頃から躾けられてることだったりします)

踊りを綺麗に踊るとか、役にしっかり入るとか言うのは
さっき書いたことが出来ているから映えるし、集中もできるし
きちんとポジションに入れて、足を使いましょうとか
正確に綺麗に動きましょう、と言うのも
まずは元々の身だしなみを整える部分からがスタート、、と、最近本当に痛感します。

そして、色々言ってくれる人が、歳を経るごとに減って行きます。
人から指摘されたりすることは、その時はとっても嫌だったり
言い方に難癖を感じたりもするけれど
相手から見られてるから言われるのであって
相手は、その人はきっと良くなるだろうと思うから言ってくれるのであって
そうじゃなかったら、きっと放置されてるんだろうな、と。

だからこそ
今までガンガン言われていたのが、急に言われなくなると
「あれ??」何だかオカシイ・・・とも思うのが人間だったりもします(笑)
それはちょっとだけでも
「まぁ、ちょっとは良くなったんじゃない」と言う事かもしれないし
忙しくて、言う暇が無かったりするのかもしれないし
もしくは、もう言っても無駄と思われたのかもしれないし。
なので、毎度人の言葉に一喜一憂することは、大人として避けたいなぁとも思いますが
その按配も感じ取れる感性は、持っていたいなと。

今日は12/6のプログラムを創ってしまおう。
音も録音して、CDにしちゃおう。
事務作業に励んで、夜のクラス指導に備えます^^
夜はオープンクラスです。お待ちしていますねー。


チケットのお申込みは、HPのお問い合わせフォームから。
こちらもぜひお待ちしております。

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします^^
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中