ストレッチを有効なものにするために

昨日の北千住クラス前、教室に入ってゆくと
必ず目にするのが「座った状態でストレッチしてる」方の姿。
その後に続けて入ってくる人も(クラス開始10分や5分前)まず床に座ってストレッチを始められます。

暫く様子を見ていた後、質問してみました。
「今、皆さんがご自分でされているストレッチの意味や、それをやる理由を分かってやっておられますか?」

お1人の方は、昔の稽古場の慣習でやっていたからその流れからです、と仰ったけど
それ以外の方は、「分からない」と答えられました。

なので
「バレエは90分立って行うものだから、床に座ってまだ温まっていない身体を
幾ら伸ばしても効かないんです。
立って行うストレッチの方が、効率的に身体が温まりやすいですよ」と言うとビックリされていましたが

バーレッスンの前にいつも行ってる導入のエクササイズを、もう一度かみ砕いて伝えたら
「あ、すぐ身体が温かくなります」と言う返事が返って来ました(*^_^*)

床に座るのがダメ、と言う訳ではないですが
座るとまったりした「休憩モード」になるのが、人の常。
これから動くんだよ~、と言うためのモードチェンジは、動く前の前辺りから「立っておく」必要があると思っています。

取り敢えず動きをなぞる
効きそうだから、真似してみる
〇〇に「これが良いですよ」と書いてあったから、やってみてる

色々知識として取り入れるきっかけは、沢山あると思います。
そしてそれを試してみることもはおおいに賛成。
そこから「じゃあ、自分にはどうしたら効くんだろう?」までたどり着くのが大事。

SAMSUNG

このストレッチが個人的には「一粒で3度おいしい、エクササイズ」
尾骨にフォーカス当てたり、腰椎を意識できたり、肩甲骨や肋骨付近、そしてハムストリングスまで。
一緒に呼吸を意識すると良いですね。

☆質問等が有ったら、ちゃんと時間を取って伝えますよ~^^
もちろん、クラス内で出来る範囲で行います。

☆早朝散歩をしていると、毎朝60代~70代の方達が近くの公園に集まって
ラジオ体操をしている光景に出合います。
60代~70代以降の運動は「健康の維持」が絶対にメインだと感じますが
バレエやダンス、と言うのは「健康の維持」をベースに、色々な+アルファが出来るもの。
楽しいですよ^^

SAMSUNG

日本ブログ村ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中