バレエの先生どおし

先週、バレエの先輩、と言う記事を書いたのですが

今度はYoppa先生が、記事にして下さいました^^
新宿村でBreak inと言う、大人から始めるバレエスタジオを運営されています。
こちらをご覧ください^^

昨日レッスン後に生徒さんと話していて、ふと思うことがありました。
バレエって芸術、と言い切ってしまう人多いけど
その前に「外国の文化」な訳で、それを1人の人間が教えきれるものなんだろうか?と。。。

本に書いてあることをそのまま自分の知識にしてしまったり
歴史観をよく知らないまま「そうなんだ」と言う思い込みでお稽古していても、ダメなことって沢山あります。
それはステップを覚えたり、動きのニュアンスを覚えたりするときにも同じ事が起こります。
色々な人の話を聞いたりして、考えを比較して覚えるのと同じように
バレエのステップや動きのニュアンスも、そうやって覚えてゆくもの。

Yoppa先生も記事の中で書いて下さってますが
「皆で人を育ててる感」と言うのが理想です。
私も今思うと、実はそうやって育ててもらったんだな、と。
14年前から自分で動いていることだけど、結果は周囲から助けられてるとか
与えて貰ってるとか、そういう感覚に、最近やっとなってきました。

個人でスタジオを運営している部分とか
集客のこととか
わー、先生も同じような考えなんだなぁと思うのですが
今来てくれている生徒さんは、本当に自らが集めた(集まって来てくれた)存在。
誰かから譲り受けた(変な表現ですが)とか、依頼された訳ではなく
自分の考えの元に来てくれた方達な訳です。

そうすると囲いたくもなっちゃう気持ちも分かるけど
元々人の心って自由な存在。
羽ばたくのも、舞い戻ってくるのも自由なのですよね、本当はね。
と、思ってます^^

今週は敢えて、普段とは違う、自分のためのスケジュール週間にしちゃってます。
自分の心が求めている所へ動くようにしています。

スタジオの壁紙 4

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村