10年もの~その①

昨日のGWの最終日、片付けがてら手持ちのレッスンCDを出してみました。

10334444_662813710423273_8723153015338795697_n
DAVID HOWARDさんプロデュースシリーズ他。NYCBのアカンパニストさんのものも。

10176039_662813730423271_6557974349588923736_n
パリ・オペラ座のアカンパニストシリーズ。ピエトロ・ガリ、シルヴァン・デュランテさん他。

10251887_662813767089934_7434129777551844196_n
子供用のレッスンCD。これらは本当に演奏が明確です。

実はまだまだ持っていて、MDに落としてあるものなどを含めたら、軽くこの倍はあります。
10年以上スタジオをやってると、音楽はとにかくどんどん増えますが
今聴きなおすと「あら、素敵!」と思う音源も多いです。

これだけ音にこだわる(求めてしまう)のは、多分子供の頃習っていた稽古場での思い出があるからだろうなぁ。。
8歳から18歳まで習っていた間、レッスン曲が変わったのは2回位。
当時は音の悪ーいテープでレッスンしてて、生ピアノで初めて稽古受けたのが18歳。。
(初めての生ピアノとのレッスンは、めちゃめちゃカルチャーショックでした。)
動きと音はとても密接だけど、本気で「動きと合わせたい!」と思わないと合わないし
何よりも耳を鍛える必要があるんだと、後から理解できたのでした。

だからスタジオの皆さんには、綺麗な音で、お稽古して欲しいし
自分も音が沢山有ったほうが嬉しいのでしょうね^^

昔買った教則本も少し読み直しましたが、また新たな発見があって
昨日のレッスンでは懐かしさのせいか、当時の頃のように「しつこく」なってしまいました(笑)
身体の使い方には、とにかくしつこかった。。。
これに関してはまた追々。

そう、、久々にレッスンに来られたK子さん。
クラス後にいつも「ありがとうございました」メールを下さり
読んでいて心が和みます。嬉しいです☆(*^_^*)

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村