「バレエの由来」スタジオに置きました♪の続編

昨日久々にレッスンに来てくれたK子さんが
「初めて男性の先生にバレエ教わりました♪」と嬉しそうにメッセをくれました。
昨日は奥田慎也先生のレッスンでした。

小さい頃からお稽古していた人でも
男性の先生に習うと言うのは、まだ中々機会が無いのかもしれませんね。
(都心や、大手のスタジオなら混在しているので、違和感ないかもですが)

でも、バレエは、元々は男性が始めたものですよ^^

2011_11030049
自ら踊ったルイ14世の姿

2011_11030050
バレエを踊る男性

バレエのメソッド(系統)が確立したのは、男性が始めたからじゃないかな、と思うことがあります。
ロジックだし非常に分かりやすい。
「兵法」と言うのが過去の歴史の世界にはありますが、あれと非常に似ている、と言う方も居ます。

女性的な視点からみたら、「綺麗な衣装を着れる」とか
「妖精になったり、姫になったりできる」とか、色々「形として見えるもの」に目が行きがちですが
それはバレエにお芝居の要素が加わった部分の見方。

回転技術や高い跳躍が加わったのは、更にもっと後の時代。
男性舞踊手になんか負けないもん!と、活発な女性の舞踊手(もちろん、選ばれた人)が登場したり
劇場でもっと大勢の人がバレエを観るようになってからのこと。

こういったお話はレッスンでも、たまーにチョコっとするんですけど
中々皆さん、結び付けて行くことは難しいのかも・・・と、感じたりします。
どうしても目先にある「この順番覚えなきゃ」とか
「こういう風に動かなきゃ」になりやすいですし。

でも、そこに「バレエは人から見られるためにある踊り」と言う意識を持ち
そしてそれを理解するのは、プロもアマも初心者さんも無いと思っています。

踊りが楽しいと言う気持ちは、最初は本能的な部分からだったとしても
どんどんブラッシュアップされていきます。
こんな動きも身に付いた
こんな所作も出来るようになった
こんな難しいことも出来るようになった
だから、望めば上に上がれるし
どれだけ練習しても良いんです。

「過去から今まで」の流れの中で育まれてきた広ーい世界観。。。
それがクラスでは、90分に集約されています。
だから内容も濃いし、何度も反復しないと理解できない。
でも簡単に理解できないから、むしろ頑張る。
そういうことなんじゃないかな、と思ってます。

どれだけ「クラスの案内」を頑張っても
その本質が伝わってないと、何だかなぁと。
そう思って、置いてみたのでした(*^_^*)
登戸の、小さなそれも貸しスタジオの一角に、歴史への入口を書いた紙があるんですよ~(ナンチャッテ 笑)
どうぞお手に取って、見てくださいね。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

「バレエの由来」スタジオに置きました♪

昨日登戸のスタジオに、こちらのチラシを作って置きました。
スタジオの宣伝と言うよりも、バレエの宣伝??^^

スタジオHPの「バレエの由来」から抜粋したものです。

バレエの由来なんて知らなくても、振りさえあれば踊れちゃうわよ~、と言う感覚、もしかするとあるかもしれません。
以前は「歴史あるんですよ」と伝えていた感でしたが
「大勢の、本当に大勢の人が支えて、そして絶やさないようにしてきたんですよ」
と言うことを伝えたいなと言う感じに、最近は変わってきました。

踊りって「振りだけ覚えて動ければOK」ではないと感じています。
このことは、自分の「信念」みたいなものがかなりハッキリしている部分なので
それはまた追々書いてみます^^

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

GWに入りました

4月も終わりに近づき、大型連休に入ったんだなーと感じます。
街がゆったりしていますね^^

【GWのレッスンについて】

4/29(火)14:15~15:45 オープンクラス(初級~)
講師:奥田慎也先生  登戸スタジオ
※時間が早まっています!

5/3(土)舞台出演の為休講
5/6(火)19:15~20:45オープンクラス(初級) 
講師:河合    登戸スタジオ

※5/2の産経学園でのクラス⇒5/30に振替
※5/4の読売文化センター北千住クラス 休講

詳しくは”レッスンカレンダー”をご覧ください。

今日は「昭和の日」
平成元年生まれちゃんがもう26歳になる位だから、昭和の時代なんて
どんどん過去になってゆくんだろうな・・・、と思ったりもしますが

昭和の女性って、我慢強いよ♪

と、思うこと、よくあります^^

昭和の最初の方生まれの方など(ウチの母などそうですが)
戦争を経験しているからもあるでしょうが、本当に我慢強いし、そして感度が高い部分を沢山まだまだ持ってます。
そして年齢が高くても、学ぶことや、チャレンジすることが好きな人が多い気がします。

今日お時間ある方、予定がぽっかり空いてる方は
ぜひスタジオで、お稽古しましょう^^

IMG_5137
写真は2年前のGW頃のもの。発表会リハ前のレッスン風景より。
撮影:Natsumi Tokuyama

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

講師紹介のコンテンツより

スタジオHPの「講師紹介」
本分そのままに、引用してみました。

↓↓↓    ↓↓↓     ↓↓↓    ↓↓↓
スタジオHPにお越し頂き、ありがとうございます。
神奈川県の登戸を拠点に、2000年から大人の方向けのバレエスタジオを開講し
初心者から経験者の方までを対象に指導しています。

バレエは王様自ら踊った時代から始まり、徐々に観る側と演じる側に分かれ
舞台芸術として成り立って行った歴史があります。
21世紀の今でも、当時のステップやポジションを守りつつ
常に新しく生まれ変わりながら、今日までとても沢山の方に愛されてきています。

バレエの技量は一朝一夜で身に付くものではありませんが
続けてゆく時に必ず、自分の身体や意識に対する気づきがあります。
過去に、著名な教師からの指導を沢山受けてきましたが
何ごとも「すぐ出来るものは無い」と、どの先生も仰います。

でも子供が成長するのと同じように、大人から初めた方でも
少しずつ分かること、出来ることが増えてきます。
それはコツコツと励むことで、自信に繋がるもの。
鍛錬を積む=我慢できたり踏ん張る精神は、新たな力を生み出します。

ご自分の可能性を信じるためにも
バレエのレッスンを楽しんで下さいね。

河合かや野

こうやって書いてみると、なんて「我慢が居ることを『どうぞやりましょ』って勧めているんだろう」と思われそう・・(苦笑)
今のこの時代に「我慢して行う」こと自体が、中々難しいのにね^^;

実際に受けている方を見て居ても思うのは、皆さんとぉってもとぉっても「一生懸命」なんです。
でも「一生懸命頑張ってるね」と言う部分と一緒に
出来あがってきた過程を自分で感じること、も大事なんですよね。
私もそうでしたから・・・^^

現場で言葉で伝えても、半信半疑なのか中々信じてもらえません。。
一生懸命な気持ちが先行してしまうのか
「出来る」と見えることをまず信じたい、人の気持ちなのかもしれませんが
可能性はもっとあるんだよ、と、このコンテンツを通じて感じてもらえたら良いな、と思っています。

スタジオHP⇒講師紹介

SAMSUNG

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

食べることと上手に付き合う

土曜日スタジオへ向かう電車の中で
とても瑞々しく、ふっくらとした顔立ちをした、5歳位の女の子がいました。
可愛かった~(*^_^*)

その子を見ながら、思い出したのが先日知り合った女の子。
ある事情で、通院しつつレッスンしているのだとか。

バレエの先生や、周囲から言われた「一言」がきっかけで、通院をするまでに至った彼女に
たまたま持っていたスタジオのチラシを渡して、こんなことを伝えてみました。
(今スタジオのチラシには、お家ごはんご案内カードも入れています)

「自分が普段食べる量は、大体1プレートにプラスアルファする位で良いから、まずは食べたい量・食べられる量を知ると良いと思う。
そして八百屋さんで旬のお野菜を手に取ったり、果物の香りを嗅いだりして、食べ物と仲良くなるようにしてみたら?」

バレエが上手くなりたい、と言う一心のみで来た彼女は
「食べること」に関して少し警戒心を持っていたようですが、頷きながら話を聞いてくれました。

確かにスタイルは自己管理の範疇ですが
少しだけ、普段の食べているものを見直してみたりするだけで
かなり変わってゆくと、感じます。

1609818_797754026902198_2248334494407700336_n

10256816_800316546645946_8804438320198281199_n
昨日はタケノコご飯を炊きました^^

先日から色々なお野菜を戴いたけど、田舎から水煮にした筍を送って来てくれました。
(筍は戴いたそうです) 

10170791_800316613312606_7225455034606851267_n
このご飯は、殆どが頂きものでした♪

まず、人は生きなきゃだめですから
そのためのエネルギーを否定しないように・・・ ね。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

受け入れることで、見えてくるもの

今日は妹の誕生日。
何を贈れば良いやら…で迷ったけど、菓子を贈ることに。

9歳年下の妹は、約10年以上前からずっと自宅療養中。
普段何もしてあげられず、ごめんなさい(..)
元気でいてくれたら、嬉しいです!

花屋さんで見かけた藤の花、とっても綺麗でした。

330590_310139405690707_1073714494_o

家族に病気の人がいたり障害を持つ人が居ると、中々それを表にだすことは躊躇われ
けれどその反動からか、外ではとてもエネルギッシュで活動的になったりもします。
本人もだけど、家族も病気自体を受け入れることに時間がかかり
受け入れられるようになって初めて、見えてくるものが沢山あります。

バレエの世界は、とても華やかに見える部分が沢山有りますし
そんな私を、皆が「先生って何だか良いなぁ~」と思われているのが分かるので、敢えて口には出さなかったけど
でも口に出さないことで、影の存在になってしまっている人が見えなくなるのは、何だかもう申し訳なくて。

私位の年齢になると
皆さんそれぞれに、何かを抱えているのが分かります。
ご自身の病気と闘ったり、ご両親の介護をしながらも踊ったり教えておられたり。
でもとても元気な方が多い。
バレエを踊ることって、生き方そのものだと思う。

今日は午後から北千住クラス指導です(*^_^*)
GWに入り、あちこちバレエの発表会も多いですね。良い一日になりますように。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

私見的 「良いレッスン」について

過去の懐かしい写真より。
火曜日のオープンクラス(講師:奥田慎也先生)
奈良から、たかこ先生が来られた時のですね♪
SAMSUNG

「良いレッスン」について、最近こんな風に感じています。

「身体的感想」
*クラス後、どこも痛くない
*疲労感が無く、清々しい
*翌朝辛くない

「構成」
*バーについて15分位経った頃から、体が楽になってくる(ほぐれた感がある)
*一見毎回同じで淡々としているように見えても、内容はバラエティに富んでいたり
段階的に緩やかだけど、スライドして上がって行けるようになっている。

「モチベーション」
*求めすぎないのに、やっている側は自発的にやる気になる
*統制しすぎない

めちゃ私見なので、人によっては違うことも絶対多々あるとは感じますが・・^^;
先生のクラス、これにピッタリはまるんですよね。

奥田慎也さんオープンクラスチラシ
去年の8月に作成したチラシです。

今は沢山のバレエの先生が居られる時代、個性も十人十色です^^
でもその中で、「巡り合える数」なんて限られてる。

オープンクラスとは言え、ウチのスタジオ生の受講が殆どな火曜日のクラスですが
受けている人達に「新たな考えが育まれた」感があります。
最初は「私なんて・・受けるに相応しくない」なんて言ってたんですが(←こういう方、多いんですが・・・なぜ??)
回数を重ねて顔を合わせてゆくことで、お互いが歩み寄ってる感。
一歩二歩引いていた人が「火曜日のクラスも、これから受ける!」と頑張るようになってきて
そういう気持ちをじっくり暖めていって上げたいな、と思います。

WS的に来て頂くのも大いに歓迎ですが
個人的には時間や距離等が許すなら、[継続して受けた方が絶対に良いクラス]ですよ♪

☆GWのレッスンについて☆
4/29(火)14:15~15:45 オープンクラス(初級~)
講師:奥田慎也先生  登戸スタジオ
※お休みなので、都合のつく方ぜひおいでください!\(~o~)/

5/3(土)友人の舞台出演の為 休講 
5/6(火)19:15~20:45オープンクラス(初級) 
講師:河合    登戸スタジオ

※5/2の産経学園でのクラス⇒5/30に振替
※5/4の読売文化センター北千住クラス 休講

詳しくはスタジオスケジュールをご覧ください。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村