上半身とか腕とか

私が普段クラスを受けている先生は、クラス構成の中にポール・ド・ブラへの意識がとても多いです。
足ももちろん良く使いますが、上半身への拘りとにかく半端無い(笑)
(女性の先生です)
クラス前のエクササイズも、上半身をまずほぐしてから。
「機械のように立って踊らないように」と言う気持ちからなのだと感じています。

(ピエール・ダルド氏振付の”胡桃割り人形”より アラビア 2004年頃?)
この振付はとにかく柔らかくそして美しかった。
終った後に「セクシー!」と言う感想を沢山戴いて・・^^♡ 今でも大好きな振りです。
アラビア1

身体つきがどうの、ではなく、動きで柔らかさとニュアンスを出す。
それは上半身の動きと顔との関係がどんどんこなれて来た時に「やりたかった動きに近づける」もの。
そのスタートやベースが”ポール・ド・ブラ”だと思っています。

**木曜日の基礎入門クラスはポジションやアームスについて、細かくそして分かりやすく構成した内容で行っています。
自分の手足は表現の道具。 「アームス苦手・・」とか「綺麗に行かない・・」と言う方ほど開拓でき、そして変われる余地を持っています。
☆私もかつてとてもアームスに癖が有ったので、沢山のアドバイスを経て変えて行きましたよ(*^_^*)
頑張りましょう。

18:45~20:15/20:15~20:45 ポワント基礎
代々木スタジオミキ
☆体験の方は¥2000でポワントレッスンまで受講出来ます。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中