引き際に表れるもの

昨日トレンダーズ社長、経沢香保子さんのブログを読み
「これはスタジオでも言えることだなぁ」と思いました。

SAMSUNG
先日読んだ本「バレエを習うということ」にも同様のことが書かれていましたが
習っているのがお子さんであれ、大人であれ
最後を綺麗に、と言うのは、本当にその人自身が表れると感じます。

お子さんの場合は、お母さんが菓子折を持ってスタジオに来るのではなく
大人の場合は忙しいから、仕事が忙しいから、趣味だから メールでお終い、ではなく・・
最後の印象の方が、人は心に残るため
居た間にどれだけ頑張っても、その印象は薄くなってしまいます。

「バレエは登場と最後のご挨拶、そして退場してゆくときが大事なのよ」
と、耳にタコどころか、心に刷り込まれる位聞いてきた言葉ですが(^_^.)
これは舞台上だけのことでは、ないなと。

228172_477537688950877_1123869779_n

もし過去にそう言った経験をしてしまった場合
もうこれからはしない、と言う気持ちを持つことも含め
過去に出会ってきた人に対し、心から感謝の気持ちを送ると良いそうです。
(現実的に何か送るとかではなくても良いのだとか^^)
そして、今身の回りで出会う人に、優しく誠実に接する。
人は変われる生き物だから、少しずつでも今までの見直し、気になっていたらしていくと良いかも、ですね(*^_^*)

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中