育てるとか育つとか。

昨夜ローザンヌコンクールの決戦をネットライブビューで見ていたため、寝不足な今朝です^^;
記事はこちら⇒ローザンヌ国際バレエ、日本の高校生が1・2位

今回このコンクールには、友人達が主催する教室の生徒さんも出場していたので
彼らが稽古場を始めた頃の事を思い出しつつ応援していました。
1位を取った高校生も、友人の生徒さんも、機会あるごとにチャレンジを繰り返してきて
そして教師と両親、そして周囲のサポートの中で育ってきた結果の賜物。
なので、出た人皆に「おめでとう」と言いたいのです^^

「あの子が出るんだから応援しよう」と言うところまで、まず自分を持ってゆく。
そこまで頑張ることが、何より大事なのかもしれませんね。

私もどこか中途半端に諦めたり、セーブしたりする癖があるので
「しんどいけど、あと一山頑張る」ことを、目標にして行こうと思います^^

1654091_613592108696082_79989739_n
画像は今年のローザンヌバレエコンクールのポスター。

昨日はパドドゥクラスに、吉祥寺で教えてるジュニアが2名参加しました。
20代のおねーさん達に混じりながらも頑張った^^
とてもベーシックな部分からしっかり始めて戴けたので
「まずは取っ掛かり」としてのスタートが始まった感。
温めて、育てて行けますように。

あ、大人の方も「今日バレエに行ってくる~」と言うと
「行ってらっしゃい」と言ってくれるご家族が居られるなら、それも応援されてる証拠ですよ♪

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村