ゲネプロ終了、そして・・・

昨日はゲネプロ(ステージで本番と同じように練習)でした。
オーケストラも照明も入り、とっても美しく仕上がった作品。
細かいダメ出しが毎回ありますが、それはどんどん練れて行ってる証拠だなぁと思いました。

自分のことで恐縮ですが、やっと自分のパートに対して「良くなったよー」と。。(遅い。。。^^;)
私が出演するのは、1幕の客人(舞踏会)と3幕のジプシー(占い師)です。

3幕での役が持つ意味が中々理解出来ず・・本当に苦心しました。
原作を読んだり、映画を見たりして自分なりに、1人の女性がどんどん追い詰められ錯乱してゆく心理を「占い」と言う象徴的な部分で表したのかな、と理解し。。。
「かや野さんって、本当に自分が納得しないとできないんだね(笑)」とバレエマスターに言われつつも・・
毎回工夫し、そして感じ、考えた。
場面的にはとっても短いのですが、ぜひ観てくださいね♪

全体的に、お芝居のシーンと踊りのシーンがとてもはっきりしているので
飽きさせない工夫も沢山です。

アンナ・カレーニナ 

と、言う訳で~
1992年、初演時のお写真をまたまた再掲♪^^
2幕の「ロシアの踊り」のシーンです。

2幕を客席で見ましたが、とてもほのぼのとしています。1幕と3幕の華やかさとは対極でとても牧歌的な場面です。
この2幕は最初と最後で、アンナとウロンスキーの心理状態が180度変わりますが、3組の主役はそれらを見事に演じておられます。

☆1/11と1/12のマチネソワレのS席、出演者の割り当て分からですが、非常に良いお席が残っています。
演劇性の高い舞台は、舞台と客席が近い方がお得ですよ♪
観に来たいなーと思われた方、こちらからお申込みくださいませ。(スタジオの問い合わせフォームです)
出先からでも応対できますので、当日預けの手配が可能です^^
お待ちしております。

1月11日 6時開演
1月12日 マチネ1時30分開演
ソワレ6時開演
東京文化会館大ホール

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村