スタジオを選ぶとき

登戸クラウドナインスタジオ
2012_05_05_000782
撮影:Natsumiさん(椅子に上って撮って下さってます)

スタジオミキ
SAMSUNG

スタジオに必要なのは、バー、鏡、床の状態、天井の高さ、デッキ、そしてスタジオの形。
長方形か正方形かで、空間の掴み方が変わります。

スタジオの立地条件とか、駅からの雰囲気等もとっても大事ですが
こちらの2か所のスタジオを借りる時、必ずあることをして決めています。
それは「実際に動いてみる」こと。
スタジオの中を歩いたり、シューズを履いて動いてみたり。
そして自分が踊りたい気持ちになるかどうかで決めます。
奥田慎也先生クラスの時は、私も一緒に受けますが
私が本気でグランワルツ等を跳ぶと狭い・・でも生徒さんには丁度良い位です^^
(いまだに20代の子よりも高く跳べる私。ワタシより跳ぶ人のご入会歓迎!(笑))

今借りている二つのスタジオは踊りたくなるし、集中する気持ちになることができます。
登戸のスタジオは、実は床が良い。とても跳びやすいしポワントでも立ち易いんですよ。
参宮橋のスタジオは集中に向いてます。少し地下のため気が籠りやすいのですが
良い気を引きだすようにすると大丈夫。

今まで沢山のスタジオに足を運びましたが
「スタジオって個性そのものだなー」と思います。
踊ってる人の気が残るし、教えている人のカラーが顕著に表れる。
建物は気を映す・・これは大事な感覚だと思っています。

いつか自分のスタジオが持てたら良いなぁと夢見てますが
そういう構想(妄想?空想?)も叶えられるような状態になれるよう、頑張ります。

11/7のレッスン**
18:45~20:15 基礎入門/ 20:15~20:45 ポワント基礎
@代々木スタジオミキ

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中