「バレリーナの回転・バランスは脳の変化」~記事より~

一昨日辺り、ネットで見つけた記事です。
「バレリーナの回転・バランスは脳の変化」

記事を読むと、眩暈に対する治療の応用として活用したいそう。

子供の頃よく読んでいた人体図鑑に
「どうして目が回るの、でもどうして目が回らなくなるの」と言うコラムがあり
へー、回転って練習すると目が回らなくなるんだぁ、と思ったものでした。

バレエを始めて間もない頃は、分からないことが沢山ありました。
足はどうやったら高く上がるようになるの とか
どうやったらぐらぐらしないで、立てるようになるの、とか。

森下洋子さんの言葉で「テクニックは20歳までに身につけるもの」と言うものがあり
それも今思うと「なるほど」と思いますが。
20歳まで(今だと15歳までかな。。)に
身体の成長と共に覚えこませたり、やっておく必要があるんですね。
特にバランスを司る三半規管や、反射神経等は
幼児期~児童の頃の、運動から得られるものだと思います。

ただ、大人から始めた方でも「もう20歳じゃないし」と悲観する必要は無いですよ^^
脳を変化させるのは、ご自分の意思と環境にありますね。

今日は奥田慎也先生のオープンクラス。
本当に気持ちよく回れるようになるクラスなんですよ^^
レッスン構成が、回転中枢を刺激してくれてるのかも?

1381334_10153304611550188_178971672_n
(Alison McWhinney photographed by Leon Neal)
ピルエットの回転写真です^^ すごいですね。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
今日も読んで戴きありがとうございます^^

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中