9月の終わりの雑感

今日で9月もお終い。今年も残り3か月。。。
9月から奥田慎也先生のオープンクラスがスタートし、また少しずつですが流れが変わってきました。

SAMSUNG

☆やる気を出す人が増えてきました。きっと新しい先生からも色々刺激を受けているのだと感じます。
大人でどうしてそんなに頑張るんだろう、と思われることも多いかもしれません。
でも大人で頑張る方は、憧れていたり素敵だなぁと思うものが目の前にあると、それに対して「そうなりたい」と思う意思を持てる人だとも感じます。
「今よりも少しでも良いから、上がって行きたい」と思うのは、人として尤も尊敬できる意思の部分だと思います。
後天的に身につけられるスキルの中で、努力を重ねられる人だから出来ること。

1236596_559548660749779_304110308_n

☆左右木先生のクラス。
私と同世代で、こんなにエナジーに溢れてる先生が居るなんて^^
とても良い影響を頂きました。

最近はお問い合わせもよく頂きますし、体験も少しずつ増えています。
誰も教わっていないことはできません。
けれど、目の前でやっている事には、トライするようにしましょう。

来年の秋頃、スタジオとしてパフォーマンスが出来たら良いなと考えております。
目標を持ちたい方、持っている方達と共に舞台創りたいと。
そのためには、まずお気軽にスタジオにいらしてくださいね^^

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

サバのコンフィ♪

毎週土曜日は3クラス指導。合間に15分ほど休めるけど基本的にお昼は食べられナイ。
でもダンサーや、バレエの先生は不規則な食事時間には、ある程度慣れっこです。
最近17時以降は食べない、と言うバレエ教師の先生も居られますが私には出来ませーん(^_^.)

昨日は終わった後ドトールでホッとし(そして気絶・・・)
起きた後体が復活したので、以前から作ってみたかった「鯖のコンフィ」にチャレンジ。
秋はお魚もとても美味しくなります。

ピカピカ光った真鯖の一尾が安く売っていて「これだ~♪」と購入。
食べやすい大きさに切り分けて塩をし、30分ほど冷蔵庫へ。
鯖から水が出るので、綺麗に拭き取った後、お鍋(私は無水鍋で作りました)に並べ
上からオリーブオイルをヒタヒタになるくらいまで入れ、スライスしたニンニクと、有ればローリエも一緒に入れます。
ローズマリーも有るとなお良いでしょうね。

「オイルで茹でる」やってみて、意味が分かりました。
弱火にしてフツフツ煮るようにするんですね。油って面白い。約30分ほどずっとお鍋を揺らしながら「茹でて」いました。
料理中は無心になれる。それが楽しい^_^
だから身体は疲れているのに、とか思うのですが、、なぜか出来ちゃうのです。

仕上げはスタジオ生N子さんから頂いたスダチを上にあしらい、しぼり汁も一緒に♪

578517_681668021844133_1084434507_n

鯖に塩が上手く入りました~。そしてスダチの酸味とぴったり!
N子さん、スダチ、ありがとうございました☆

鯖は疲労回復にとても良いお魚だそうです。そして栄養素ではDHAやEPAと言った不飽和脂肪酸を多く含むので、老化防止にも良いそう。

コンフィは沢山出来たので、アレンジして使えそうです(*^_^*)

※スタジオ生からは「せんせいすごいー」と言われておりますが・・・・基本、楽しいからやっているだけです^^
そして今はネットですぐレシピが調べられるので、幾つか見比べてみて、自分に出来そうな作り方の方を選んでいます。
おおー、と思った方は、ぜひチャレンジしてみると良いかも♪

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

今と昔

今朝 FBで見つけた写真。

Ballet School from Moscova, 1954.
by Henri Cartier-Bresson.
1239810_426985644078511_1113580037_n

私がレッスンを受けている先生(60代)が
「私たちの子供の頃、お稽古着はシミーズだったのよぉ」と仰ってましたが、このことかな・・・^^
木綿の生地を裁断し、お母様が作られたのだそうです。
タイツも木綿だったそうで、今みたいに伸びが良くないから、ウエストの辺りまでギュウギュウに引っ張り上げて
10円玉等を包んで捻じって留めていたとか。
ポワントもサテン生地が無いため、木綿。それをハクボク(チョーク)で塗り塗りしていたとか。
今はシニヨンが当たり前の子供達ですが、このヘアスタイル可愛い^^

そんなお話を聞くと、現代と余りに違いすぎてピンと来ないけれど
反対に今は何でも有って有難いなぁとも思います。

さて、今日もクラス指導があります(*^^)ノ

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

スタジオ発表会DVD貸出し

スタジオ発表会のDVD貸出し第2弾を始めます^^

小品集と「胡桃割り人形」よりお菓子の国。
胡桃のアラビアや中国の踊りは、私の振り付けです。懐かしい…

579102_552434571479212_970893639_n

2005胡桃
撮影:長谷川清徳さん

※DVD貸出は現スタジオ生のみとさせて頂きます。

毎週土曜日に作品クラスをやってます。
始めた時は「バレエ作品踊ってみませんか~」と言う、本当に軽いノリで始めたのですが
それが舞台にも使える注意もするクラスに変化してきました。

振付は今は気楽にYoutube等模倣(真似)できてしまうけど、動きの流れや動きのちょっとした意味とかは
スタジオ内で身に付けるものじゃないかな、と思っています。

9月の作品クラスは「眠りの森の美女よりローズのバリエーション」
やっていることは、普段のレッスンでやっているステップで十分。
よく尋ねられる「姫的オーラ」を身に付けたいなら、ぜひ美術館や昔の建築物を訪ね、その建物から得るエネルギーを浴びるとイイかもです(たぶん)

ぜひ踊りに来てください。
スタジオHPはこちらから。お申込み窓口からご連絡願います。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

初めての生け花

昨日生まれて初めて、生け花を習いました。
花は好きだけど、今まで余りに自由過ぎて何も知らずに花瓶に放り込むだけで・・^^;
習ってみることで、こんなに長さや角度に決まり事があるのかと驚きました。

お稽古を始める前と最後には、正座してお辞儀から始まります^^

「軸になるお花を決めて下さい。一番元気が良さそうで葉っぱも生き生きしているもの」
「軸のお花に寄り添うように、そして引き立てられるお花を探してください」
「このお花の角度は、剣山の中心からみて45度に~」
「お花の足元は綺麗に~」
「お花のお顔は光(太陽)を受けているように見えるように~」
「前に来るお花は華やかで、軸のお花と引きあうように」
「全てのお花は床の間目線から見て、お顔が見えるようにしてあげるんですよ」

これらの言葉を聞きながら生けていると、なんて舞台の構成やダンサーの配列、練習と共通しているんだろうかと感じました。

初生け花・・先生に色々ご指南して頂きながら完成♪
1239885_567185266652785_1708630796_n
菊は仏様のお花のイメージが強かったけど、とても格式あるお花なのですね。

1235904_491836854246207_76933485_n - コピー
もうお一方の生徒さんの作品と一緒に、先生と。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

火曜日オープンクラス

昨日のオープンクラス、沢山の方に参加頂きました。
お勤め帰りの参加、皆さま本当にありがとうございました。

動きの流れのテンポが良いので、動いた感と、あとは本当によく回れます。
軸が自然と取れるように構成されているようにも感じます。

SAMSUNG
動きにまだ不慣れで分からないことが多い。。。と言う方は
土曜日の初中級にもぜひご参加くださいね(*^_^*)
スタジオHPはこちら。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

バレエシューズのメンテ

昨日はバレエシューズの縫いメンテ♪
右は今使っているRepetto。左は新しいBLOSHのプロアーチ。

1234161_566381413399837_846451055_n

バレエシューズを使っていると、指先と床に触れる部分が薄くなりやすいです。
私の場合床に触れるソールと縫い合わせている布の部分が薄くなりやすく、その部分を縫い縫いメンテ。

基本的に教え用のシューズと自分レッスン用のシューズを分けているので
綺麗な方を教え用にしています(*^_^*)

昔は布のシューズだと洗って使ってましたが、生地が弱くなるので止めてます。
汚れたら拭き取るのが一番良いですね。
使ったら帰宅後、一番にバッグから出して干す。これをしないと「臭」が付きます。。。^^;
丁寧な方は裏返してシューズバッグの中に入れたりもされてます。

朝レッスンに行く予定で用意したけど、シューズ忘れちゃった!なんて場合、連絡下さるとご用意しておきますよ♪
※サイズが有るものに限らせていただきます。

⇒日本ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村