「踊りを通じて見えること」WordPress編

昨夜、久しぶりに古巣のココログに記事をアップしました。→コチラ

この記事を書くにあたって思うのは、バレエは夢のような世界ではあるけど
禍々しいことが起きている世にこそ、優れた作品が過去歴史の中から沢山出てきています。
もしかしたら、それが今の世なのかも・・と。

そんな世を活性化できる微力な一人になれたら、いいな。
バレエを教えるって、実はとても宇宙的に大きい事なのかもしれません^^

有名なドガの「踊り子」です。この絵の頃のフランスは相当乱れていたと言われています。
黒のタキシードの男性は、踊り子のパトロン説もありますね。
でもこの絵は、きっとこの先も永遠の名作で有り続けるのだと思います。

今日は10月最後の日、大切に生きたいと思います。

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

大人の方の、バレエ教育法^^

今スタジオに来てくれている初心者の方達を見ていると、世の中の約9割の人の気持ちを代弁しているんだろうなぁとよく思います。
「きゃー、わかんない!」
「覚えられない!」
「バレエ作品ってナニ??」など等

どれだけ言葉で説明してもどうにもならないから、クラス指導にこんな本を持って行ったりもします。

収められているストーリーは「眠りの森の美女」「ジゼル」「白鳥の湖」「コッペリア」「胡桃割り人形」
私が子供の頃、本を読んだり、舞台を観たりして何となくだけど、自然に覚えて行った演目です。
でも、今の日本の大人で、知らない人も大多数に居るのが現実です。

この本にはCDも付いているので、触りで音楽をかけてすこ~しばかり私が動いてみたりすると
「先生、振り、全部知ってるの?すごい!」
「なんで振りを全部知っているんですか?全部踊ったんですか?」 と驚かれます。
「リハーサルとか舞台で見て覚えたんですよ。実際に踊ったのもあるけど」と言うと
「わ~!すごいすごすごい!」 と、こうなるわけで (笑)

なぜ覚えられるのか、なぜ音楽を聴いただけで反応出来るのか、と言う部分は
勿論ダンサーとしての経験の蓄積によりますが、殆どが体で覚えて来たもの、環境から覚えてきたもの、自分で歴史等を振り返り覚えて来たものなどがあると思います。
自然に、そして楽しく覚えて来た事って忘れないんですよね^^

また、ジャズダンスを習っていてバレエも習うと言う方も来ておられますが
どうも振りが覚えられず悩んでいるような事を喋っていました。
たまたま、その人が通っているジャズダンススタジオの発表会を観たことがあり
どちらかと言うと、とてもクラシックジャズ・スタイルの踊りだったので
「ウェストサイドストーリーを観たら?」と薦めてみました。

私はこの映画を中学生の頃見てハマってしまい、夜な夜なビデオで見ていました(受験勉強そっちのけ^^;)
ジョージ・チャキリスが格好よくて、ワクワクして、これが古い映画なんて思えなかったです。

その流れでフレッド・アステアも大好き。

ジーン・ケリーも。

こちらは「王様と私」

ユル・ブリンナーと、デボラ・カーのダンスシーンがすごく好きでした。

その他、とても沢山のダンスそしてバレエを映画や舞台で観たりもしましたが、気にいったものは繰り返し見る習性のお蔭で覚えてしまうのです。

今の大人バレエの方達は、知らないことを恥ずかしがり、知識をすごく詰め込んだり考えたりして
知っている人に頑張って並ぼうとする傾向があるようにも思います。でもどれだけ頑張っても、経験のある人とは目線が違うのです。
そこを無理すると、楽しくなくなってしまう。

だから、最初に教える側がその目線まで降りて行く必要があるようにも思う今日この頃。
そのせいか、私にも今まで知らなかった新しい発見やトリビアが舞い降りる毎日です(*^_^*)

↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓
「いいね」や「シェア」で応援して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

レッスン時の必須アイテム

レッスン時に必須なアイテムとして「頭髪まとめグッズ」があります。
髪の毛をきちんとまとめられるということはとても大事。

こちらのポーチは頂きもの。蓋に鏡が付いています。
ブラシ、ピン、ゴム、そしてアクセサリーを入れる布袋、夜会巻をするのでピン。こちらはもう10年以上使っているもの。
普段整髪料を余りつけないのですが、毛先だけにはワックスかヘアオイルを付けています。
髪をまとめる時、少し水分を与えると綺麗に仕上がります。

レッスン用バッグは軽いものが嬉しい。なので、こちらのキプリングバッグを愛用。
CDでレッスンしているため、CDを携帯するケース、そしてタオルも必須。

モノを綺麗にまとめたり整理整頓するのも、実は脳内の整理整頓と深く繋がっていると言います。
なので、できるだけ自分が持っていて嬉しいもの、そして人から見られても良いものを持ちます。

昔々は無頓着だった私も、意識するようになってから、その方が心地いいと思うようになりました(*^_^*)

↓↓↓   ↓↓↓  ↓↓↓  
「いいね」や「「シェア」して頂けると、とても嬉しいです☆

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

今月も新規入会がありました。

10月の新規入会の方は、現在のところ以下の方達です。
M.Rさん
U.Sさん
S.Aさん
スタジオ生からのご紹介やHPを見て来てくださった方
ブログが面白いと来てくださった方様々です。
ありがとうございます(*^_^*)
入会者の中には、来年8月の舞台出演希望の方も居られます。詳しくは→こちら。

レッスン受講生が増えてくると、私もまた視野が広がります。
その人がどんなペースで来ているかどうか
バックグラウンドはどんな感じだったのか
もう一見で分かるようにはなったので、あとはお互いの信頼関係を築きつつどのようにしてお稽古のメニューを決めるか。
クラスは生き物なので、やはり来る人のお顔を想像して毎回の構成も少しずつ変えていますね。

そんな当スタジオは基本的に月会費制ですが、ビジターチケットの方も居られます。
ただいま、受講者の動向リサーチをしたいと考えておりまして
10月~11月の間 ビジターチケット15回をご購入の方に限り¥37500→¥30000に。(有効期限3か月)
※ビジター受講時のアンケートにお答えいただける方に限ります。

レッスン受講料金に関しては→こちら

写真はプロダンサーのクラス風景ですが、今にも動き出しそうで素敵ですよね♪(*^_^*)

↓↓↓   ↓↓↓   ↓↓↓
「いいね」や「シェア」で応援して頂けると嬉しいです♪

Pinterest でバレエを見る

今朝起きた後、ふと閃きPinterestでボードを作ってみました。

アラベスクのボード→ こちら

パッセのボード → こちら

第5ポジションのボード→ こちら

バレエは元々の形の名前はあるものの、動きの状態や動作によって呼び名が変わって行きます。
それを踏まえつつ分類をしていると、何だか教材を作っている気分になりました。
バレエの型を目から見て覚える、とても良い材料としても使えそうなPinterestです♪

そういえば昔「タンデュとプリエがあれば、全てのバレエが踊れるよ」って仰っていた先生が居られました。
そうかもしれませんね(*^_^*)

↓↓↓          ↓↓↓            ↓↓↓
「いいね」や「シェア」をして頂けると嬉しいです☆
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

まず、自らがお手本に

最近体験のお問い合わせや、入会申し込みが増えている背景には
多分・・ このスカートを身に付けるようになってから、のような気がしています^^

今の時代「~があるから着てみて」とか「~が有るから読んでみて」と言っても、人は中々動いてくれません。
でも、このスカートを頂いてから、率先してあちこちで身に付けていたら
見る人が皆「綺麗!」と言ってくれて、その次には必ず「どこに売っているの?」」と言われます。
相手の心に訴えるものがこのスカートには有るんですね。

参考にしたのは、こちらの写真。パリ・オペラ座のダンサーが着用しているリハーサルスカートです。

野原さゆり先生に製品になるまで何度も打ち合わせして、作って頂きました。
このスカートには”Kayano #1”と言う私の名前も付いているそうです^^

先生も自らお手本になって綺麗を伝えている方なので、そこは体張って仕事している誇りなのでもあります。
皆さんもぜひ、自ら綺麗になっていきませんか^^

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

フロアバーでの、つま先エクササイズ

本日のフロアバー・バレエクラスの様子です。
「美しいつま先を作る」と題して、まずクラスの最初に行った導入のエクササイズをご紹介します。
これは床を掴む練習。脳から一番遠い部分である足指を使うので、実際に脳梗塞になられた方のリハビリとして行われることもあるとのこと。

声は私ですが、自分で撮っていて緊張のあまり、3オクターブ位上がっております(^_^.) すいません。。(笑)(笑)(笑)

こちらのエクササイズの後、更に爪先強化するためのエクササイズを行った後
バー・センターで約1時間動きましたが
参加された方、普段よりとてもつま先が伸びて綺麗でした♪

フロアバー・バレエクラスを受けて下さった方は、普段見過ごしがちな細かい動きの要素をキャッチできるようになります。
ちゃんと身体をほぐす時間を取っているからかな、とも思いますが
何せ8時間も勤務した後よほどでは無い限り、すぐバレエの動きが出来る身体にはなりにくいですよ・・ね・・・。
そういった事も踏まえて、自分を見つめる時間をスタジオのスケジュールに組み込むようにしています。
皆さんに、長く楽しく踊って欲しいですから(*^_^*)
エクササイズ、ぜひやってみてくださいね☆ そして一度ぜひ、自分で自分の身体を変えてゆく楽しさを味わってほしいと思います。

↓↓↓                       ↓↓↓
下のボタンで「いいね」や「シェア」をして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村