教えスタイルの遍歴

2000年にスタジオを始めた当初
私の指導するスタイル(恰好)はこんな感じでした。

上はTシャツ、下はバレエ用のスウェット、そして靴はジャズシューズ。
なぜかと言うとクラスを教える前に舞台リハーサルが多くて、その時間になるともうヘトヘト。
そのためか、とにかく自分が「楽でありたかった」のでしょう・・・(苦笑)

そして暫くしてからはこんな感じ。

足元は踵のあるティーチャーズ・シューズ。
主に腰痛防止のために履いていました。
足元は黒いタイツ。悪くはないけど、、どこか引き締まらない感。
それは「教えだから」と、ヨレたレッスン着を着用していたせいもあります。

そして現在はこんな感じ。

ピンクタイツにバレエシューズ、そして出来るだけ体にフィットしたものを身に付けています。
可能な限り出来るだけ新しく、そして綺麗なものを着用。

もちろん、最初の写真のような恰好で教えている先生も、大勢居られることも知っています。
今は年齢は若いけど、もう舞台では踊らない、と決めている先生もいらっしゃいますし
自分の身体と相談してのことだと思っています。
それにバレエ教師の仕事はハードですから。

でも、ウチのスタジオの場合
まず私がきちんとしないと、生徒さんも私を真似てしまわれると言うことと
そしてまだ自分が現役ですので、まだやれるうちは綺麗に見せようと。

そう、最初の写真からは、なんと10年が経っているのです~(^^)

バレエをレッスンしよう、と決めたら
まずは、ウェアから変えて美しくしていきましょうね。

いつもお読み頂きありがとうございます(*^_^*)

↓↓ 日本ブログ村に参加しています。
応援ぽち お願いします。 ↓↓
にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中